ホーム > セミナー > 5Gの考え方から技術・制度の動向まで【WEBセミナー】

5Gの考え方から技術・制度の動向まで【WEBセミナー】

~5Gで何が変わるのか?6Gの向かう先とは?~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
5G【WEBセミナー】
セミナーNo.
tr201108  
開催日時
2020年11月19日(木)11:00~16:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 50,600円(税込)
会員: 50,600円(税込)
学生: 価格未設定
価格関連備考
お1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名
1口でお申込の場合 56,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)
備考
★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

★インターネット経由でのライブ中継のため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

講座の内容

趣旨
 第5世代移動通信システム(5G)は、超高速大容量、高信頼低遅延、多数同時接続などの特徴を持ち、移動通信に適した無線システムです。しかし、5Gでは無線技術だけではなく、管理システムやネットワーク制御に関する仕組みの見直しが図られており、これまでの携帯電話の延長としての使い方だけでなく、人間を中心として経済を発展させ社会的な課題を解決していく、いわゆる「Society 5.0」においても、5Gの活用は当然のものとして期待されています。このようなことから、その基礎的な技術や現在行われている制度化や実証試験に関する情報は、今後の技術開発戦略やサービス創出を検討する上で欠かせないものです。
 本講演では、5Gの概要や考え方を始め、それを取り巻く技術について解説しますので、今後10年程度を見通したビジネスや、2030年ごろからの実用化を目指した6Gの動向について、広く情報を習得する機会としていただければと思います。
プログラム

1 はじめに
  1.1 移動通信システムの歴史
  1.2 5Gの特徴
  1.3 実証試験の取り組み例

2 移動通信システムの仕組み
  2.1 システム構成
  2.2 移動通信を可能にするためのハンドオーバ

3 5Gの技術(基本編)
  3.1 性能の概要
  3.2 5Gで用いる電波の周波数と特徴
  3.3 日本における5Gエリア展開の考え方
  3.4 New Radio法

4 5Gの技術(詳細編)
  4.1 Massive MIMO
  4.2 インフラシェアリング
  4.3 ネットワークスライシング
  4.4 ネットワーク仮想化
  4.5 エッジコンピューティング
  4.6 Non Stand Alone(NSA)とStand Alone(SA)

5 標準化活動の動向
  5.1 標準化活動の意義
  5.2 ITU-R
  5.3 3GPP

6 日本で制度化されたローカル5G
  6.1 自営システムの必要性
  6.2 ローカル5G制度の概要
  6.3 課題とビジネス化のポイント

7 5Gにおける周波数共用の検討状況
  7.1 周波数共用の必要性
  7.2 ダイナミック周波数共用
  7.3 海外の状況

8 5G実証試験の取り組み
  8.1 自動運転支援
  8.2 スマートオフィス

9 6G(Beyond 5G)の動向
  9.1 世界における検討状況
  9.2 日本における検討状況

10 まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ