ホーム > セミナー > 連続繊維熱可塑材料の基礎と60秒成形技術【大阪開催】

連続繊維熱可塑材料の基礎と60秒成形技術【大阪開催】

~60秒で成形できるCFRTP~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
連続繊維熱可塑材料【大阪開催】
セミナーNo.
150618  
開催日時
2015年06月11日(木)10:30~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ドーンセンター 4F 中会議室2
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
特典
昼食・資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
・軽量化・高強度・大量生産を求める方
・熱硬化性CFRPの経験のない方
・プラスチック技術経験のない板金技術者
・射出成形技術者
・自動車・航空・宇宙・情報・通信機器・スポーツ用品・装具などの関連企業の方
 
趣旨
 軽量化・高強度は、どの分野でも求められている最先端技術です。炭素繊維複合材料のCFRPやGFRPは、有効な解決方法の1つではありますが、熱硬化性のため成形サイクルが非常に長いです。新素材である連続繊維熱可塑プラスチックのCFRTPやGFRTP は、成形サイクルが60秒です。この新素材は、有機の板金材料と呼ばれており、従来のプレス技術の応用で60秒成形を可能にします。さらに、プレス成形と射出成形をone stepで行うハイブリッド成形へ進化している。
 連続繊維熱可塑プラスチックは、軽量でリサイクル可能な大量生産に適した新素材です。海外では、すでに自動車・航空機・スポーツ用品等に実用化が進んでおり、国内での成形技術の確立が急務です。繊維は、カーボン・ガラス・アラミド、マトリックスはPA66・PA6・PA12・PP・TPU・PPS等を中心に、特性や基礎的な成形方法を解説するとともに、成形の問題点や将来の可能性について皆様との意見交換を通じてこれからのグローバルな技術開発競争に、勝ち抜くヒントになれば幸いです。
 今回、特に新情報として、意外と知られていない連続繊維熱可塑用のヒーターついて欧州の最新情報と選び方について詳しくご説明致します。
 
プログラム
1.複合材とは?
  1-1 種類
2.熱可塑性と熱硬化性の違い
  2-1 熱硬化性
  2-2 熱可塑性
3.連続繊維熱可塑材料の種類
  3-1 製品とサプライヤー
  3-2 材料の特徴
4.TEPEXの成形サイクルは60秒
  4-1 繊維とマトリックス
  4-2 識別方法
5.成形方法
  5-1 ダイヤフラム成形
  5-2 プレス成形
  5-3 Folding
  5-4 Welding
  5-5 In-situ成形
  5-6 圧縮成形
  5-7 ハイブリッド成形
6.成形のポイント
  6-1 熱のコントロール
  6-2 繊維の流れ
  6-3 型
  6-4  ヒーターの選び方
     どの波長が熱可塑材料に適しているか。(短波長・中波長・長波長)
7.用途事例
  7-1 連続繊維熱可塑プラスチックのマーケット
  7-2 中国・韓国
  7-3 欧米
  7-4 プロテクター
  7-5 スポーツ用品
  7-6 自動車
  7-7 航空機
  7-8 その他
8.成形映像
  8-1 ダイヤフラム成形
  8-2 ハイブリッド成形
  8-3 その他成形
9.まとめ
  9-1 連続繊維熱可塑プラスチックの利点
  9-2 今後の展開と課題
10.質疑応答
 
キーワード
炭素繊維,熱可塑,CFRP,CFRTP,成型,研修,講習会,講座,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ