ホーム > セミナー > 粉体の固結機構とその対策

固結性をどのように評価し、どうすれば防げるのか?

粉体の固結機構とその対策

~糖類等の研究成果をベースとして~
~各分野で実際に行われている対策から学ぶ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
固結
セミナーNo.
150710  
開催日時
2015年07月27日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

講座の内容

趣旨
粉体の固結はプロセス効率の低下、製品品質の低下、自動化への障害等をもたらす。この現象は、単に粉体の物性、特性だけによるものではなく、プロセス、保存環境等の諸条件が重なって発生するため、そのメカニズムは複雑である。また、トラブル対策に当たって十分な原因追求が行われることは少なく、経験に基づき個々に現場対応で行われることが多い。そのため、情報の蓄積は非常に少なく、ある程度、基本的なメカニズムは解明されているものの、有効な予防策を採れないまま、同様のトラブルを繰り返しているのが実状であると思われる。トラブルの低減を図るにはまず、共有できる情報量を増加させることが必要であると考えられる。そこで、本セミナーにおいては近年の糖類等の固結現象に関する研究成果をベースとして固結機構、評価方法、対策を解説する。
プログラム
 1.粉体の固結は何故起こるのか
  1-1 固結機構
   1-1-1 水分凝縮によるもの
   1-1-2 ガラス転移によるもの
   1-1-3 水和反応によるもの
   1-1-4 その他
  1-2 固結因子
   1-2-1 粉体物性、特性
   1-2-2 水分
   1-2-3 温度、湿度
   1-2-4 圧力
   1-2-5 時間

 2.固結性をどのように評価するのか
  2-1 粉体特性
   2-1-1 水蒸気吸着等温線
   2-1-2 臨界相対湿度
   2-1-3 ガラス転移温度
   2-1-4 Sticky point 温度
  2-2 固結度
   2-2-1 せん断強度
   2-2-2 圧壊強度
   2-2-3 解砕度
   2-2-4 貫入度
   2-2-5 その他

 3.固結はどうすれば防げるのか
  3-1 粉体特性の改善
   3-1-1 固結防止剤添加
   3-1-2 表面改質
   3-1-3 造粒
   3-1-4 その他
  3-2 プロセスの改善
   3-2-1 装置構造の改善
   3-2-2 運転条件の改善
   3-2-3 保存条件の改善

 4.各分野では実際にどのような対策が採られているのか
  4-1 医薬品分野
  4-2 食品分野
  4-3 農薬、肥料分野
  4-4 化学品分野

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ