ホーム > セミナー > 晶析のメカニズムに対する理解と晶析操作のポイント【大阪開催】

晶析操作の基礎から結晶多形特性、オイル化晶析の回避方法・利用方法まで分かりやすく解説します!

晶析のメカニズムに対する理解と晶析操作のポイント【大阪開催】

~有機化合物を中心に~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
晶析【大阪開催】
セミナーNo.
171147  
開催日時
2017年11月07日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
滋慶医療科学大学院大学 11F 講義室3
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
・晶析操作の基本原理
・溶液構造と結晶粒子径、多形などの結晶特性
・オイル化晶析の利点
・結晶核形成のメカニズム
 
趣旨
 結晶製造は、経験と試行錯誤を基本に行われてきた。即ち、原因としての晶析操作と結果としての製品結晶の間で善し悪しが判断され、最適操作が決められてきた。しかし、晶析操作の影響は先ず溶液の構造に現れる。その溶液から結晶核が形成される。結晶核形成が結晶多形や結晶粒子径分布を左右する。元に戻れば溶液の構造が出現する結晶の特性に繋がるのである。従って、制御すべきは溶液の構造である。ここでは、溶液の構造に注目した晶析操作について述べる。
 また、通常は避けたい晶析操作、すなわちオイル化晶析についても、その回避方法と、逆に積極的にオイル化を利用する意義を紹介する。
 
プログラム
1. 代表的な結晶特性と晶析操作
  1)粒子径分布、多形、結晶形状など
  2)冷却、貧溶媒添加、中和などの晶析操作

2.晶析と溶液構造
  1)溶液中では溶質は会合している
  2)析出する結晶多形は核形成までに決まっている
  3)結晶特性の制御は溶液構造の制御から

3.粒子径分布
  1)準安定領域は重要ではない
  2)微結晶溶解法による大結晶の製造
  3)溶液構造を考えた微結晶の製造
  4)オイル化と粒子径分布制御

4.結晶形状
  1)結晶形状と結晶成長速度
  2)結晶形状を変える因子

5.結晶多形
  1)溶液構造と多形制御
  2)多形制御には速度論的理解が重要
  3)多形制御と不純物
  4)多形制御の考え方

6.オイル化
  1)オイル化とは何か?
  2)オイル化の回避
  3)オイル化の積極的利用

7.核発生のメカニズムと晶析操作
  1)一次核発生とは何か?
  2)二次核発生とは何か?
  3)新しく発見された二次核発生のメカニズム
  4)一次核発生と二次核発生の関係
 
キーワード
結晶、晶析、オイル化、構造、制御、粒子径分布、研修、講座、情報、研究、開発、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ