ホーム > セミナー > 超親水化・超撥水化のメカニズムと評価および制御技術

超親液および超撥液機能の基礎的な知識から、超親水・超撥水化の原理、制御、工業応用まで分かりやすく解説します!!

超親水化・超撥水化のメカニズムと評価および制御技術

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
超親水・超撥水
セミナーNo.
180749  
開催日時
2018年07月26日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第3研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食、資料付

講座の内容

習得できる知識
・親水性表面・撥水性表面とは-表面張力と化学官能基-
・「超」の付く親水表面、撥水表面を創るには-ウェンゼルの表面とカッシーの表面
・付着性とは-接触角ヒステリシス-
 
趣旨
 超親水・超撥水性をはじめとする材料の超親液・超撥液機能は、プリントや接着、生活用品、衣料、自動車、建設、医療など、また、最近では、エレクトロニクスや新エネルギーなど広い分野へ応用され、関心を集めている。本講演では、こうした超親液および超撥液機能について、基礎的な知識と原理を詳述する。基本的な原理を理解することにより、実際上のさまざまな局面への正しい応用が可能となる。
 
プログラム
1.事例に見る超親水・超撥水のメカニズムと課題
  1-1.テフロンの超親水化の事象とメカニズム
  1-2.炭素繊維材料の超親水化・超撥水化
  1-3.何が原因でぬれ性が低下する?
  1-4.ぬれ性低下を抑制するには
  1-5.対策とまとめ

2.超親水・超撥水の基礎と原理
  2-1.親水性・撥水性の向上に役立つ因子とは
  2-2.材料表面の化学的性質と表面形態
  2-3.ドライプロセスにおけるぬれ性向上・低下因子
  2-4.ウェットプロセスにおけるぬれ性向上・低下因子

3.親水性・撥水性の評価(接触角測定)
  3-1.静的接触角の測定と評価
  3-2.動的接触角の測定と意義
  3-3.付着力
  3-4.測定上の注意点と問題点

4.超親水・超撥水化技術とその実際
  4-1.超親水・超撥水化技術
    a) プラズマ処理による超親水・超撥水
    b) ゾル-ゲル法による超親水・超撥水
    c) 光触媒による超親水化
    d) 添加剤による超親水・超撥水
    e) フッ素系表面改質剤による超撥水
  4-2.応用
    a) 繊維への超撥水加工
    b) 燃料電池、太陽電池などエネルギー関連機器と超撥水性
    c) セルフクリーニング・防曇
    (※応用の部分は多少内容が変更する可能性があります)
 
キーワード
超親水、超撥水、ぬれ、表面、改質、処理、評価、フッ素、電池

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ