ホーム > セミナー > CFRPの基礎およびインダストリアルCFRPと熱可塑性CFRPの最新技術動向

☆CFRPの基礎から製造法、接合技術、再利用について解説!また、欧州の最新動向、今後の展望についても詳解する!

CFRPの基礎およびインダストリアルCFRPと熱可塑性CFRPの最新技術動向

☆個別相談歓迎☆

セミナー概要

略称
CFRP
セミナーNo.
開催日時
2018年11月30日(金)10:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) カメリアプラザ 9F 研修室
講師
近畿大学 理工学部 教授 博士(工学) 西籔 和明 氏

【ご経歴】
1988年 近畿大学大学院工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程修了,大阪府立工業高等専門学校 機械工学科 講師・准教授を経て,1999年 大阪大学大学院 工学研究科 生産科学専攻 博士後期課程修了,博士(工学) 1999年~2000年 ベルギー王国カトリックルーベン大学 金属・材料工学科 客員教授.
2010年より近畿大学 理工学部 准教授,2016年より近畿大学 理工学部 教授,現職に至る.

【所属学協会・受賞歴・活動歴】
日本機械学会、日本材料学会、日本複合材料学会、日本塑性加工学会、SAMPE、型技術協会などの会員。
繊維強化複合材料に関して、日本材料学会 複合材料(高分子)部門委員会 奨励賞、TEXComp-4 Young Researcher Awards
 マイクロ粉末射出成形に関して、日本機械学会 機械材料・材料加工部門 一般表彰(新技術開発部門)、日本材料学会 技術賞。
専門は、材料と加工の複合化、先進材料の加工学、金属粉末射出成形のマイクロ化、金型プロジェクトなどに従事。

【参考となるWeb】
http://www.kindai.ac.jp/sci/research/forefront_research/nishiyabu_kazuaki.html
http://www.kindai.ac.jp/meikan/923-nishiyabu-kazuaki.html
http://www.marubeni-sys.com/infinite-ideas/chousen/kinki/
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD0100T_V00C11A8000000/
http://www.mec.kindai.ac.jp/kanagata/
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
CFRPに関心ある方ならば, 自動車、産業機器、建設機器、家電などのメーカーの方々、金属加工業やプラスチック製造業,商社、営業や研究者など業種に問わず、どなたでも受講頂けます。
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から最新技術まで丁寧に分かりやすく解説いたします。
習得できる知識
・熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRPの特徴と適用事例
・2つの異なるCFRPと最近の国産車への採用例
・マルチマテリアル化と欧州車への採用例
・欧州の先進的なCFRP自動化製造装置
・国内の強みは「インダストリアルCFRP」
・CFRPにおける国内の製造業が進むべき道
・欧州での熱可塑性CFRPの最新技術動向
趣旨
 近年、輸送機器の軽量化を目的に、鋼から軽金属、さらに樹脂化へ材料代替が積極的に進められています。とくに、軽くて強いというキャッチフレーズで、炭素繊維で強化したプラスチック(CFRP)に大きな注目が集まっており、旅客機に加え、量産車への採用が始まっています。しかし、材料および製造コストが高く、その需要拡大は容易なことではありません。CFRPに未来はあるか?参入すべきかどうか?CFRPにおける我が国の強みと弱み何か?CFRPの量産・再利用において熱可塑性CFRPは有用か?CFRPを安く提供するには?ガラス繊維はどうか?金属とCFRP、金属と樹脂との接合はどうか?マルチマテリアル化に必要な接合は?金型製造業におけるCFRPへの進むべき道は?など、課題が山積しています。
 本セミナーでは、CFRPについての基礎的な内容から、熱硬化性CFRPの適用事例として金属とのハイブリッド化の有効な産業機器への用途(インダストリアルCFRP)について紹介し、熱可塑性CFRPの材料や特性、量産化のための様々な製造技術、さらに熱可塑性CFRP特有の融着接合法について、欧州での最新事例と演者らが行った産学連携による研究開発事例を紹介し、今後の熱可塑性CFRPの用途拡大への解決策と自動車産業におけるCFRPの近未来を予測します。今回は特に欧州での最新事例として、毎年3月にパリで開催されている世界最大規模の複合材料に関する展示会(JEC World 2016~2018)でのトピックの移り変わりに加え、ミュンヘンおよびアテネで開催された欧州複合材料学会(ECCM-17とECCM-18)で発表された最新の研究成果、また隔年で10月にブレーメンで開催されている熱可塑性CFRPの国際会議・展示会(ITHEC2016とITHEC2018),さらに今年9月に米国で開催されたSPE主催の自動車用複合材料会議・展示会(ACCE2018)での最新情報をわかりやすく紹介します。
プログラム
1.CFRPとは?なぜCFRPか?インダストリアルCFRPとは?
  1.1 熱硬化性CFRPの適用事例
  1.2 マルチマテリアル化事例
  1.3 金属とCFRPのハイブリッド化
  1.4 熱硬化性CFRPの産業機器への適用事例
  1.5 ロボットワイヤーソー(RWS)によるハニカム・CFRPへの精密切断

2.熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRP
  2.1 熱硬化性CFRPの利点と欠点
  2.2 熱可塑性CFRPが注目される理由
  2.3 これまでの熱可塑性CFRPとの違い
  2.4 熱可塑性CFRPの用途拡大を阻む理由

3.熱可塑性CFRP材料
  3.1 熱可塑性樹脂の種類
  3.2 熱可塑性CFRP材料の製造方法
  3.3 熱可塑性CFRPの特性
  3.4 中間材料の各種製造方法とその長短所

4.熱可塑性CFRPの製造法
  4.1 加熱プレス成形と打ち抜き
  4.2 ハイブリッド射出成形
  4.3 自動テープ/ファイバ積層
  4.4 引抜き成形と押出し成形
  4.5 3次元プリンタによる成形とその材料
  4.6 熱可塑性CFRPのための加熱方法と各種ヒーターの特徴
  4.7 熱可塑性CFRPの加熱プレス成形の型設計の注意点
  4.8 熱可塑性CFRPのハイブリッド射出成形時の加熱・搬送

5.熱可塑性CFRPの融着接合技術
  5.1 熱硬化性と熱可塑性CFRPの接合法の違い
  5.2 熱可塑性CFRPの融着接合法の種類
  5.3 高周波誘導融着接合法の特徴と織物CF/PPS積層板での接合事例
  5.4 超音波式融着接合法の特徴と織物CF/PEEKと一方向CF/Epの接合事例
  5.5 電気式融着接合法の特徴と織物CF/PA66とCF/PPS積層板での接合事例
  5.6 レーザー融着接合法の特徴

6.熱可塑性CFRPの再利用技術
  6.1 破砕・粉砕方法
  6.2 破砕片の混練およびスクリューの表面処理
  6.3 再生材の押出成形および課題
  6.4 再生材の加熱圧縮・加熱プレス成形とその物性

7.欧州での熱可塑性CFRPの最新技術動向
  7.1 JEC World 2016~2018展示会での話題の移り変わり
  7.2 ECCM-17とECCM-18国際会議での研究事例紹介
  7.3 ITHEC2016とITHE2018会議での研究事例紹介
  7.4 SPE ACCE2018会議での研究事例紹介

8.熱可塑性CFRPの課題と今後のCFRP応用展望
  8.1 熱可塑性CFRPの自動車部材への適用
  8.2 熱可塑性CFRPの産業用機器への展開
  8.3 熱可塑性CFRPの低コスト量産化のための材料と製造技術
  8.4 熱可塑性CFRPを採用するにあたり検討すべきことは何か?
  8.5 CFRPの用途拡大に最も重要なことは何か?
  8.6 自動車産業におけるCFRPの近未来予測

9.個別技術相談
  セミナー終了後、個別技術相談に対応いたします
キーワード
CFRP,CFRTP,インダストリアルCFRP,製造,接合,再利用,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ