ホーム > セミナー > 研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座

知財戦略における研究開発部門の役割を認識してもらった上で、パテントマップの作成・分析の方法を解説します!!

研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座

~演習付き~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
パテントマップ
セミナーNo.
190770  
開催日時
2019年07月23日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第1研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
主に企業の
・研究部門、開発部門、製造部門
・商品企画部門、事業企画部門、調査部門、知財部門
等に所属する特許、パテントマップに関する初級から中級知識を有する方
 
習得できる知識
・パテントマップの概要
・特許明細書に記載されている特許情報の読み方
・知財戦略の基本的な考え方
・知財戦略における研究開発部の役割
・知財戦略に適ったパテントマップの作成・分析
 
趣旨
 現在、企業が事業で勝ちつづけていくには知財は不可欠であり、知財部門だけでなく、研究開発部門においても知財のマインドが必要になってきています。
 研究開発を進めるにも他社の特許の影響を受けることから、自由な研究開発を行っていくためにも自社だけでなく他社の特許状況を知るべく研究開発部門がパテントマップの作成・分析を行えることは大変有効です。
 そこで、研究開発部門の方達が知財戦略に適ったパテントマップの作成・分析ができるよう、パテントマップや特許情報の基本的な事項を知ってもらい、知財戦略における研究開発部門の役割を認識してもらった上で、パテントマップの作成・分析の方法を解説していきます。
 
プログラム
1.パテントマップの概要
 (1)パテントマップの例
 (2)パテントマップの種類
    ・目的に応じたマップの選定
    ・研究開発者におすすめのマップ

2.特許情報について
 (1)特許明細書の種類
    ・公開公報、公表公報、再公表公報とは何か?
 (2)特許明細書に記載されている情報
    ・明細書、特許請求の範囲、要約書とは何か?
 (3)特許分類について
    ・IPC、FI、Fタームとは何か?
 (4)特許検索について
    ・J-PlatPatの使い方
    ・その他の特許検索ツール
 (5)研究開発者が知っておくべき特許情報

3.知財戦略について
 (1)知財経営とは?
 (2)特許権の本質とは?
 (3)三位一体の活動における研究開発部門の役割
 (4)研究開発における知財戦略

4.パテントマップの作成・分析
 (1)目的の設定
 (2)データ収集(特許調査)
 (3)マップ化作業
 (4)パテントマップの注意点
 (5)パテントマップをどう読み、判断するか?

5.グループワーク演習(パテントマップ作成演習)
キーワード
特許、パテント、マップ、作成、分析、知的財産、情報、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ