事例を交えながら、装置の選定・検討時の注意点、よく起こるトラブルやその解決策についてもご紹介!

マイクロリアクターの基礎知識およびスケールアップのポイント【LIVE配信】
※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
マイクロリアクター【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年04月26日(月) 13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
趣旨
フローマイクロリアクターは、混合、温度制御、精密な滞留時間制御に優れたデバイスであり、従来のバッチ式反応器では困難だった反応や制御を可能にしてきた。ラボスケールでは、多種多様な反応について多くの報告がある一方で、実用化へ向けたスケールアップについては、情報が少ないのが現状である。本発表では、フローマイクロリアクターの基礎知識や技術適用先の紹介をはじめ、フローマイクロリアクターを利用したイオン液体の合成や、有機リチウムを用いたアニオン重合反応のスケールアップ事例、発酵液からの連続抽出プロセス構築の実例を交え、装置の選定や検討時に注意すべきこと、さらによく起こるトラブルや、その解決策についても紹介したい。
プログラム

1.フローマイクロリアクターとは
  1.1.フローマイクロリアクターの基礎知識
  1.2.マイクロ空間での混合、熱交換、物質移動
  1.3.フローマイクロリアクター技術の適用先

2. フロー合成の開発事例
  2.1. 産業界での取り組み
  2.2. 当社の連続製造へ向けた取り組み

3. ラボからパイロット・製造への展開
  3.1. フロー合成で起こりやすい不具合
  3.2. 制御パラメータの多さ
  3.3. 送液不良
  3.4. 混合不良
  3.5. 除熱不良
  3.6. ミキサ、リアクタの閉塞
  3.7. まとめ

4. フロー合成プロセスの構築とトラブル対策
  4.1. フロー合成で起こりやすい不具合と対策
  4.2. フローリアクターでの製造に向けた留意事項
  4.3. ポンプの選定
  4.4. ミキサ、リアクタの選定
  4.5. センサ、計装類の選定
  4.6. 運転システムの概要
  4.7. 数値流体力学 (CFD) によるシミュレーション

5. スケールアップ事例紹介
  5.1. イオン液体合成プロセス
    a) 反応速度解析
    b) ミキサやリアクタの選択
    c) スケールアップ検討
  5.2. リビングアニオン重合プロセス
    a) よく起こるトラブル
    b) ポンプの選択
    c) 運転手順の重要性
    d) 連続運転検討
  5.3. スラグ流による発酵液からのフレーバー成分抽出
    a) スラグ流抽出の利点
    b) バニリン発酵液からのスラグ流抽出
    c) S-リナロール発酵液からのスラグ中連続抽出

6. スケールアップ時に考えること
  6.1. パラメータの管理幅について
  6.2. CFDシミュレーションの簡易化
  6.3. スケールアップ時の機器選定

7. 今後の展望および装置や設備のサプライヤー紹介

キーワード
マイクロリアクター、フローマイクロリアクター、熱交換、スケールアップ、研修、セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索