化粧品開発に求められることとは?
 化粧品の持つ機能的価値と意味的価値、顧客体験価値とは?

化粧品の価値向上の追求と次世代化粧品の開発のポイント【アーカイブ配信】
~研究成果を確実に事業につなげるには?イノベーションを生む研究開発テーマのマネジメント~

※LIVE配信日程の変更に伴い、配信期間が変更になりました。
配信期間:10/20~11/7 ⇒ 12/18~12/28
(10/12)
※目次を詳細に変更しました。 (10/13)

こちらは12/11実施WEBセミナーのアーカイブ(録画)配信です。期間中何度でも視聴できます

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
次世代化粧品【アーカイブ配信】
セミナーNo.
231057A
配信開始日
2023年12月18日(月)
配信終了日
2023年12月28日(木)
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
こちらは12/11実施WEBセミナーのアーカイブ(録画)配信です。

・配信開始日以降に、セミナー資料(PDF)と動画のURLをメールでお送りします。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
趣旨
 リアルとバーチャル、AIと人間、グローバルとローカル、経済価値と社会価値等、世の中の両極化が進むとともに、顧客の価値観・生き方も多様化してきている。このように不確実性が増大するVUCAの時代背景のもと、企業に求められる経営の在り方やモノづくりのスタイルも大きな変革を迫られている。
 本セミナーでは、「今、世の中で何が起こっているか」の考察を起点に、化粧品開発に求められること、化粧品の持つ機能的価値と意味的価値、顧客体験価値を考えるとともに、今後の化粧品ビジネスにおける研究テーマの設定とマネジメントのあり方、及びその基礎となる組織活性化について、演者の経験を振り返りながら考える。
プログラム

 1.VUCA時代を迎えて(社会変化の加速)
  1.1 外部環境の変化を直視する
  1.2 ESG、SDGs、CSV経営と自社独自性の提案
    (事例)ユニリーバのUSLPプラン
    ・日本化粧品工業会のサスティナビリティ指針 他
 2.パーパスに基づく戦略策定
  2.1 パーパス経営と実現に向けた要件
  2.2 ポートフォリオ・オブ・イニシアティブ
  2.3 「超長期視点」と「超短期視点」の戦略策定
    ・ロードマップの基本形(ケンブリッジ大学) 他
 3.化粧品ビジネスにおける今後の価値づくり
  3.1 国内外化粧品産業の現状と展望
    ・激変する化粧品流通
    ・化粧品業界の5F分析
    ・アジア化粧品メーカーの台頭 他
  3.2 顧客価値創造の時代
    ・R&D活動におけるDXの推進(事例:資生堂のケース) 他
  3.3 化粧品開発に求められること
    ・化粧品ビジネスの特性
    ・化粧品の新たな価値創造
    ・化粧品に求められる品質と開発の方向性 他
  3.4 化粧品の意味的価値と顧客体験価値
    ・機能的価値競争から意味的価値の共創へ 他
    ・顧客価値を有用性情報に落とし込む(事例:資生堂のケース)
  3.5 顧客インサイト起点の価値開発
    ・事業コンセプトの作成(事例:資生堂のケース) 他
  3.6 自社コア技術を活かした新たな価値開発
 4.イノベーションを生む研究開発テーマのマネジメント
  4.1 研究開発テーマのマネジメント上の課題
  4.2 良い研究開発テーマを生むマネジメントの基本姿勢
    ・イノベーションを起こすキーポイント(事例:デンソーウェーブのケース)
    ・ステージゲート法からステージサポート法へ  他
  4.3 新たなつながりを実現するオープイノベーションの成功の要件
    (事例)資生堂、コーセー、花王、ロレアルのケース  他
  4.4 研究成果を確実に事業につなげる
    ・ワイドレンズ(事例/ファイザーのケース) 他
 5.化粧品開発者の心得と組織風土の改革
    ・化粧品開発技術者にとっての大切な心掛け(日本化粧品技術者会資料を引用)
    ・ダイバーシティの推進 
    ・なぜ、ヒット商品やロングセラー商品が生まれにくいか 他

キーワード
化粧品,開発,テーマ,事業,Web,ネット,研修,講習.セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するタグ
フリーワード検索