ホーム > セミナー > 断熱材の基礎知識と高性能断熱材の技術および開発動向

~本当に断熱性能はあるのか? ここだけの話、まがい物も見抜く~
~求められる断熱材料とは? 開発動向と新規断熱材の導入ポイント~

断熱材の基礎知識と高性能断熱材の技術および開発動向

★ 住宅、自動車、製造設備への熱エネルギーの有効利用。断熱材料の高性能化へ!
★ まがい物を見抜き、新規断熱材の導入への適切な判断を。 現在の断熱材料の技術動向を解説します。

セミナー概要

略称
断熱材
セミナーNo.
st171226  
開催日時
2017年12月19日(火)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
東京流通センター 2F  第5会議室
講師
(国研)産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 階層的構造材料プロセスグループ
研究グループ長 依田 智 氏

【経歴・専門】
1993年3月東北大学大学院工学研究科修士課程修了。同年4月通商産業省工業技術院物質工学工業技術研究所入所。組織改編を経て現職。博士(工学)。技術士(化学部門)。
専門は超臨界流体を用いた多孔質材料の開発と応用。近年は断熱材の研究が中心で、標準化や新規事業に関する経済産業省の各種委員会の委員も務めている。
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学校関係者: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
・断熱材の原理と分類、性能、評価法などの基礎知識
・真空断熱材、発泡ポリマー、シリカエアロゲルなど、高性能断熱材の開発動向
・断熱材に関するニーズや標準化の動向
趣旨
 最近、熱エネルギーの有効利用が注目され、住宅や自動車、製造設備の高断熱化を目的として高性能な断熱材に関心を寄せる方が増えています。一方で断熱材は効果に疑問のある新規材料が数多く見受けられる分野でもあります。
 本講演では断熱材の概要と新規の開発動向を解説させていただきます。企業の技術者の方が、新規断熱材の導入を考える上で適切な判断をするためのお役に立てればと考えております。
プログラム
1.断熱材の基礎知識
 1.1 断熱の原理
 1.2 断熱材の種類
 1.3 断熱材の需要と市場
 1.4 断熱材の性能評価
 1.5 断熱材および周辺の動向

2.高性能断熱材の開発動向
 2.1 真空断熱材
 2.2 発泡ポリマー系断熱材
 2.3 シリカエアロゲル系断熱材
 2.4 その他

3.新規断熱材の導入について

4.今後の展望

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ