ホーム > セミナー > 接着の強度、耐久性、信頼性・品質に影響する諸因子とその最適化法および寿命推定法、設計法

~接着強度のばらつき、接着劣化・安全率を考慮した『高信頼性接着』ノウハウ~

接着の強度、耐久性、信頼性・品質に影響する諸因子とその最適化法および寿命推定法、設計法

講師の44年の経験から導かれたノウハウが満載。
接着信頼性・品質向上の基本と必要な継手強度を簡易に求める接着設計法

セミナー概要

略称
接着最適化設計
セミナーNo.
st171235  
開催日時
2017年12月22日(金)10:00~17:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5F 第2講習室
講師
(株)原賀接着技術コンサルタント 専務取締役 首席コンサルタント 原賀 康介 氏
価格
非会員: 54,000円(税込)
会員: 51,300円(税込)
学校関係者: 54,000円(税込)
価格関連備考
54,000円 (会員受講料 51,300円)
定価:本体50,000円+税4,000円
会員:本体47,500円+税3,800円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,000円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
特典
原賀先生著書
「高信頼性を引き出す接着設計技術 -基礎から耐久性、寿命、安全率評価まで-」が1冊セット!
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
本セミナーでは、接着剤を使う立場での疑問点や課題、解決策、目標値を論理的に体系付けてわかりやすく説明するので、「単なる基礎知識の習得」ではなく、「高信頼性接着を達成するための具体的手法と考え方」を習得することができます。これから接着に携わる初心者から、品質・機能を追求されるベテラン技術者まで、それぞれのレベル、目的にマッチした「考え方」を習得できます。
趣旨
 接着強度を高くするだけでは耐久性や信頼性・品質を向上させることはできない。
接着部の破壊で最も多いのは接着界面での破壊であるが、界面破壊は最悪であり、接着界面での密着性を向上させて凝集破壊を達成させることが耐久性、信頼性・品質向上の基本である。また、接着強度はばらつきが大きな接合法であるため、平均値で考えてはならず、統計的扱いによって最低強度を求めることも重要である。さらに、破断強度を設計強度として用いることはできず、設計に用いることができる設計許容強度を知ることも必要である。
 本講座では、接着の強度、耐久性、信頼性・品質に影響する多くの要因を説明し、諸要因の最適化法を示す。また、長期劣化の寿命推定の具体的手法、想定不良率・ばらつき・劣化・内部破壊・安全率・接着部に加わる力を考慮して必要な継手強度を簡易に求める接着設計法について説明する。
プログラム

1.接着不良を未然に防ぎ信頼性の高い接着を行うための基礎知識
 1.1 高信頼性・高品質接着の基本条件-開発段階で達成すべき目標値-
  (1)「高信頼性・高品質接着」とは
  (2) 開発段階で達成すべき目標値
   ① 接着部の破壊状態-凝集破壊率―
   ② 接着強度のばらつき-変動係数-
 1.2 接着のメカニズムと接着特性の向上策
  (1) 接着の過程
  (2) 分子間力、水素結合
  (3) 表面張力―簡単な測定法と必要値―
  (4) 表面張力を高くする表面改質法と注意点
  (5) プライマー、カップリング剤処理と注意点
  (6) 表面粗面化の問題点
  (7) 内部応力(硬化収縮応力、熱収縮応力)の発生と低減策
  (8) 結合強度を低下させる要因(まとめ)-接着の脆弱点-

2.接着劣化のメカニズムと評価のポイント
 2.1 劣化の要因とメカニズム
  (1) 熱劣化
  (2) 冷熱繰返し
  (3) 水分劣化
  (4) クリープ
 2.2 耐久性評価に必要な基礎知識
  (1) 水分劣化における接着部の形状・寸法の影響
  (2) 細長い接着部における接着部の幅と水分劣化の加速倍率
  (3) 吸水率と接着強度の関係
  (4) 致命的損傷と非致命的損傷の見極め方
  (5) 応力と水分の複合による劣化の加速
  (6) 冷熱繰返し試験における強度低下パターン
 2.3 耐久性の相対評価試験と絶対評価試験
 2.4 耐久性の定量評価における評価条件の最適化
  (1)ヒートサイクル試験の条件最適化
  (2)熱劣化試験の条件最適化

3.接着耐久性の長期寿命予測法
 3.1 寿命予測の鉄則
 3.2 長期熱劣化の予測法
  (1) アレニウス法
 3.3 長期水分劣化の予測法
  (1) アレニウス法
  (2) 吸水率分布からの予測法
 3.4 長期屋外暴露劣化の予測法
  (1) アレニウス法と乾燥回復性からの予測法
 3.5 クリープ耐久性の予測法
  (1) 温度-時間換算による方法
  (2) Larson-Miller法
 3.6 疲労耐久性の予測法

4.ばらつき、劣化、内部破壊を考慮して接着部の必要強度を
  簡易に求めるための原賀式 『Cv接着設計法』

 4.1 原賀式『Cv接着設計法』の構成要素と考え方
  (1) 発生不良率
  (2) 許容不良率
  (3) 工程能力指数と信頼性指数
  (4) ばらつき係数と変動係数
  (5) 信頼性指数,許容不良率,ばらつき係数,変動係数の関係
  (6) 内部破壊係数
  (7) 劣化による強度の低下とばらつきの増加率
 4.2 原賀式『Cv接着設計法 』の設計式と見積り方
  (1) 初期の必要平均破断強度を求める設計式
  (2) 初期の変動係数の作り込み値を求める設計式
  (3) 見積りの事例

5.信頼性、耐久性、寿命、安全率のトラブル事例
   ①出荷品の性能、条件  ②トラブルの状況  ③当初の判断
   ④検証抜けの要因    ⑤追加検証の結果  ⑥原因の推定
   ⑦不良率の推定     ⑧対策       ⑨対策品の信頼性推定 などを説明
 5.1 ばらつきを考慮せず平均値で設計した
 5.2 乾燥による強度回復性を考慮しないで接着剤を選定した
 5.3 クリープが加わっている状態に気がつかなかった
 5.4 試験片と製品の接着部の形状・寸法の違いを考慮しなかった
 5.5 疲労強度を間違った
 5.6 引張り剪断試験で結果を見誤った など
 


  □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ