ホーム > セミナー > メタクリル系ポリマー活用のための入門講座

◇メタクリル系ポリマーについて、基礎的性質の理解から、耐衝撃性・耐熱性・難燃性・表⾯特性の改良など、⾼機能化技術についてまで、特性を理解・制御して上⼿に活⽤するために!

メタクリル系ポリマー活用のための入門講座

合成・工業的製造方法から、高機能化・分子設計まで

◇本セミナーは、「会場受講」の他、「ライブ配信」、「アーカイブ配信」がございます◇

「ライブ配信」、「アーカイブ配信」をお申込みしたい方はこちらからお申し込みください。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
メタクリル系ポリマー
セミナーNo.
st201122  
開催日時
2020年11月26日(木)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん  4F 研修室
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,970円(税込)
学生: 価格未設定
価格関連備考
定 価 :1名につき 49,500円(税込)
会員価格:1名につき 46,970円 2名の場合 49,500円、3名の場合 74,250円(税込)

※上記会員価格は受講者全員の会員登録が必須となります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。
備考
※資料付、会場受講のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
・会場受講:製本テキスト

講座の内容

受講対象・レベル
これからアクリル樹脂、メタクリル系ポリマーを使用してみたい、あるいはもう少し知識を深めたい方に向けて入門的な内容を、わかりやすく概説します。
趣旨
 アクリル樹脂を中心とするメタクリル系ポリマーは、その優れた耐候性、透明性および表面光沢などの特性により、車両部材、光学部材、土木・建築部材、塗料用樹脂などの分野で幅広く使用されている。まず、このメタクリル系ポリマーについて、その原料であるモノマーの合成、工業的ポリマー製造法を説明し、具体的製品例を紹介することで理解を深める。また、メタクリル系ポリマーを活用するにあたり、理解しておくべき性能・特性を他樹脂との比較において解説する。 その際、劣っている性質(技術的課題)及びその解決の方向性についても解説する。また、新しい機能付与など構造制御重合によるメタクリル系ポリマーの分子設計の現状について概説する。
プログラム
1.メタクリル系ポリマーの特徴
 1.1 メタクリル系ポリマーとは
 1.2 メタクリル系ポリマーの歴史

2.メタクリル系モノマーの合成⽅法
 2.1 メタクリル酸メチル(MMA)の工業的製造方法
 2.2 各種メタクリレートモノマーとそのポリマーの特性

3.メタクリル系ポリマーの工業的製造法
 3.1 知っておきたい重合の基礎
 3.2 各種工業的製造法 (塊状、懸濁、乳化溶液、光各ラジカル重合法)
 3.3 実用製品例(成形材料、シート、フィルム、樹脂添加剤、塗料用樹脂、
         UV硬化樹脂、土木部材、光学部材など)

4.メタクリル系ポリマーの特性
 4.1 他の透明樹脂との特性比較 (光学的性質、耐候性、色調、硬度、吸水特性など)
 4.2 メタクリル系ポリマーの特性から見た課題

5.メタクリル系ポリマーの高性能化
 5.1 改良方法
 5.2 性能・機能の改良 (耐衝撃性、耐熱性、難燃性、表面特性など)

6.メタクリル系ポリマーの分子設計
 6.1 構造制御重合の基礎(アニオン重合、ラジカル重合)
 6.2 分子量制御、立体規則性制御
 6.3 ブロック・グラフトポリマーとその応用

 □質疑・応答□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ