ホーム > セミナー > 医薬品開発プロジェクトの効率的な進め方と進行が遅れた際の対応策

プロジェクトが遅れる要因とは?
また、最短で承認申請を行うために行うべき”遅れ発生要因”の未然防止策とは?

医薬品開発プロジェクトの効率的な進め方と進行が遅れた際の対応策

~18年間の現場経験から現場の実態に即した対応/対処方法を解説~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
医薬プロジェクト
セミナーNo.
170257  
開催日時
2017年02月16日(木)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付き

講座の内容

趣旨
本セミナーでは数多くのPJマネジメントを担当し、また18年間の現場経験を踏まえ、教科書的な紹介ではなく、現場の実態に即した経験に基づく、対応または対処方法について紹介します。
その中でも、プロジェクトマネジメントにおけるコミュニケーションが最も重要と考えます。相手がこちらの考えを理解しなければ、その先の合意はありえませんし、普段の信頼関係の形成が円滑なコミュニケーションまたは、タイムリーな情報共有にも繋がります。そのコミュニケーションSkill、または交渉Skillの身に着け方について伝授します。また、早期に、PJを市場に送り出すためのスケジュール管理が重要となりますが、PJのスケジュールの遅れが生じやすい要因をいくつかに分類することは可能です。であれば、常に、その遅れやすい要因を未然に防ぐことができれば、最短で承認申請にこぎつけることができます。さもなくば、問題が発生してから対処することになり、その遅れを取り返すために、無理をすることになり、更なるリスクを背負いこむことになりかねませんし、無理な対応がTeam内の雰囲気を乱すことにも繋がることになります。
プログラム
 1.はじめに
 2.グローバル開発の必要性

  ・日本人は何故、グローバル環境で苦戦を強いられるか?
  ・日本人の勘違い
 3.日本人のグローバル環境への適応力は?
  ・グローバル環境で通用する能力とは
  ・英語のニュアンスについて
  ・議事録に拘る日本人
 4.グローバルビジネスにおける日本人の強みと弱みは?
  ・グローバルビジネスで生き抜く4つのSkillとは?
 5.効果的にPJを進めていく上でのコミュニケーションの重要性
  ・コミュニケーション上の問題点
  ・コミュニケーション力の強化
 6.コミュニケーション能力開発
  ・良好なコミュニケーションが作れている環境とは
 7.PJスケジュールに影響する要因
  ・PJスケジュールに影響する要因と対策
 8.交渉Skillの身に着け方
  ・ぶれない自分を作る
 9.メールでのコミュニケーションのポイント
  ・お互いに効率の良いメールとは
 10.KOLと良好な関係を築くためのコミュニケーションとは
  ・そもそも、何故、KOLが必要なのか?
  ・適切なKOLの選定基準
 11.共同開発の場合の合意形成方法
  ・自社開発の倍の労力を要してしまう合意形成
 12.医薬品の市場予測について
  ・既存領域と新規領域
 13.新たに加わったPJの評価方法に関して
  ・Translational Scienceの利用
 14.おわりに

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ