ホーム > セミナー > 高分子固体材料の動的粘弾性測定(DMA)

固体粘弾性はどの様なものであるか、どの様に扱えばよいかを、実データを踏まえこれからレオロジーを学ぶ初心者にもわかりやすく説明します!

高分子固体材料の動的粘弾性測定(DMA)

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
動的粘弾性測定
セミナーNo.
180339  
開催日時
2018年03月29日(木)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
 
習得できる知識
・固体粘弾性の基礎
・熱特性と固体粘弾性
・動的粘弾性の測定方法
・実務への活用法
 
趣旨
 高分子における熱特性は工業用途の耐熱性を得るための重要な特性とされています.熱特性の一つである高分子の変形性はその応用範囲を示すために重要であるにも関わらず,その変形性の解析は融点や分解温度などの熱特性と比較して非常に複雑と考えられることが多い様です.固体粘弾性測定(DMA)はデータの読み方,目的の結果を出すためのパラメータなど,ポイントを抑えると容易に理解でき,応用範囲が広がります.
 ここでは固体粘弾性はどの様なものであるか,どの様に扱えばよいかを,実データを踏まえ,これからレオロジーを学ぶ初心者にもわかりやすく説明します.今回の講演では,重要な数式を除き,数式を扱わず,得られる結果の判断方法,解釈方法を中心に固体粘弾性の結果の扱い方,報告に重要なポイントなど実践的内容とします.レオロジーの勉強の第一歩として聴いて頂ければと考えています.
 
プログラム
1.固体粘弾性の概念
  1-1.固体粘弾性で何がわかるのか?
  1-2.なぜ高分子材料に固体粘弾性が利用されるか?
  1-3.引張試験と動的粘弾性

2.レオロジーを考慮した測定条件の良否
  2-1.測定前の試料の固さから
  2-2.フックの法則 / ニュートンの法則から
  2-3.貯蔵弾性率と損失弾性率から

3.種々の粘弾性測定とパラメータ
  3-1.曲げ測定
  3-2.引張測定
  3-3.周波数と応力
  3-4.どのモードを用いるか?
  3-5.各種パラメータの変更方法

4.測定後の解析(データの妥当性判断)
  4-1.時間-温度換算則
  4-2.データの読み方,まとめ方
  4-3.データに再現性のないときの対処法

5.粘弾性の応用範囲
  5-1.食品のラップフィルムは伸びやすい?
  5-2.パスタの固さが判断できる?
  5-3.湿度の影響
 
キーワード
固体、高分子、動的、粘弾性、レオロジー、測定、解析

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ