ホーム > セミナー > 10年先を見据えた再生医療製品ビジネスの事業性評価のポイント

開催日が8月30日に変更になりました(6/19)

会場が下記の通り変更になりました(8/1)
 江東区産業会館 → 江東区文化センター 4F 第3会議室

10年先を見据えた再生医療製品ビジネスの事業性評価のポイント

~医療環境分析、規制動向、患者ニーズ動向、など実施のポイントは?~
今後、再生医療製品事業を収益事業とするためには何が必要なのか?

セミナー概要

略称
再生医療事業性
セミナーNo.
開催日時
2018年08月30日(木)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 4F 第3会議室
講師
(株)BM総研 代表取締役、同志社大学 客員教授 工学博士 千葉 敏行 氏

【ご専門】
 創薬化学、再生医療、生命倫理
【ご略歴】
1975年東北大学薬学研究科修士課程終了後、藤沢薬品工業(株)に入社、工学博士(1988年・東京工業大学)。2002年藤沢薬品退社、同年(独)産業技術総合研究所・産学官連携コーディネーターに就任、2003年財団法人先端医療振興財団・専門役(神戸市)に就任、2005年退職。(株)BM総研を設立、2011年同志社大学客員教授に就任、現在に至る。この間バイオ産業創出の国家プロジェクト(文部科学省、JST)の評価委員、アドバイザーなどを歴任。

価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

趣旨
 再生医療製品事業においては、臨床開発研究成果が出始めており、実際に保険適用となった再生医療製品もあることから、医療関係者、患者さんからの期待も大きくなりつつあります。そのため、再生医療領域の研究開発に関心を示す企業が増えてきており、事業性評価への関心が高まってきていると言えるでしょう。事業性評価は、結果が数字で表せるエビデンス評価(安全性・有効性評価など)とは異なり、成功例、先例との比較評価、さらには仮説、予測を多く含む評価であることから、比較する先例が少ない状況での再生医療製品の事業性評価は非常に難しいと言えます。
 本セミナーでは、再生医療製品と同様に臨床開発の難しさを抱え、事業性評価が難しい超高額医薬品(抗体医薬、遺伝治療薬、核酸医薬品)の成功例を分析し、これを参考にし、さらに10年後の医療環境の予測を加味した事業性評価について紹介し、最終的に10年後に再生医療製品事業を収益事業とするために何が必要かについても考えを述べます。
 第1部では再生医療製品ビジネスにおける事業性評価に必要な医療環境分析、規制動向、患者ニーズ動向などについて概説し、再生医療製品の医療環境における位置付けについて述べます。第2部では、超高額医療として臨床開発に成功した製品の事業性を分析し、再生医療製品の事業性評価のポイントを明確にします。第3部では、10年後に再生医療製品事業を収益事業とするためには何が必要かについての考え方を述べます。
プログラム
 第1部 再生医療製品ビジネスの事業性評価のために何が必要か?
  1.医療環境の現状
  2.臨床開発環境の現状
  3.シーズ探索について
  4.規制動向について
  5.再生医療への研究投資環境について
 第2部 再生医療製品の事業性評価のための事例研究
  1.臨床開発に成功した超高額医療の事業評価的分析とその結果の活かし方
   1-1 事業評価表の作成
    1)再生医療製品
    2)抗体医薬品
    3)遺伝子治療薬
    4)核酸医薬品
   1‐2 事業評価表の活用
  2.事業評価表から見えて来るもの
   2-1 臨床開発の方向性
   2-2 再生医療製品の課金プラン
 第3部 10年後に再生医療製品事業を収益事業とするために
  1.10年後の日本の医療環境はどの様になっているか?
   1‐1 近未来において、再生医療は医療サービス事業として成り立つか? 
   1‐2 日本の医療制度と再生医療との関係
   1‐3 再生医療製品に対して、何を根拠に課金するか? 
   1‐4 再生医療に対する課金モデルとしては、以下の3モデルがある 
    モデル1:現行の保険制度下での保険申請を目指す再生医療製品
    モデル2:混合診療を目指す再生医療製品
    モデル3:政府援助再生医療を目指す再生医療製品
  2.10年後に再生医療はどの様な形で受け入れられているか?
  3.10年後の医療環境に合わせた再生医療モデルは作れるか?
  4.再生医療市場をこじ開ける準備が必要!

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ