ホーム > セミナー > 臨床試験の計画のための統計解析講座

臨床試験の計画のための統計解析講座

ー実例や演習問題を取り入れて、効率良く学べます!ー

セミナー概要

略称
臨床統計解析
セミナーNo.
開催日時
2018年08月28日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
講師
聖マリアンナ医科大学 医学情報学 教授 井上 永介 氏

《ご専門》
生物統計学

《ご経歴》
平成22年4月 北里大学薬学部 臨床医学(臨床統計学)特任助教
平成26年4月 国立成育医療研究センター 研究所 臨床研究教育部 生物統計室 室長
平成29年4月 聖マリアンナ医科大学 医学教育文化部門(医学情報学)教授
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

習得できる知識
・臨床的エビデンスを多面的にみる方法
・臨床試験の計画および解析計画の策定に必要な統計学の基礎
・研究計画に対応させた結果の読み取り方
・探索的および検証的臨床試験の具体的な計画方法
趣旨
 臨床試験の肝は研究計画である。良い研究計画を策定するために科学面での理想を追求することは大切であるが、臨床現場になじむよう実施可能性を保つことも大切である。両者のバランスをとるには、統計学の知識が必須である。単純に「解析で統計学を利用するから」という見方もできるが、臨床試験そのものが統計学という土台の上で実施されているという見方をするべきである。
 本セミナーでは、臨床試験の計画と解析に必要な統計学の基本を解説する。統計学は単体で学ぶより実例に対応させて学ぶと効率的であるため、本セミナーでは臨床試験に対応させて統計学を解説していく。本セミナーは座学であるものの、学んだことを自分の言葉で考えられる実例や演習問題を随所に取り入れた構成にする。
プログラム
 1. エビデンスと臨床開発
  1-1 薬事承認と診療ガイドライン
  1-2 臨床的仮説の探索と検証
  1-3 エビデンスの積み上げ

 2. 臨床研究に必要な統計学の基礎
  2-1 全数調査と標本調査
  2-2 データの記述と統計的推測
  2-3 仮説検定とp値

 3. 探索的臨床試験の計画と統計解析
  3-1 アウトカムの選定
  3-2 サンプルサイズ設計
  3-3 研究計画と解析方法の対応

 4. 検証的臨床試験の計画と統計解析
  4-1 多重比較
  4-2 解析方法の選択
  4-3 生存時間データ

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
統計解析、臨床

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ