ホーム > セミナー > めっき膜における密着性改善・剥離対策の考え方【大阪開催】

密着性評価技術や不具合事例などの詳細な実験データを使って分かりやすく解説!

めっき膜における密着性改善・剥離対策の考え方【大阪開催】

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
めっき密着性【大阪開催】
セミナーNo.
191035  
開催日時
2019年10月10日(木)10:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
滋慶医療科学大学院大学 9F 講義室1
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
 また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
備考
昼食・資料付

講座の内容

趣旨
現在、めっき技術は、自動車や電気・電子産業をはじめ次世代にも発展し続ける産業を支える基盤技術としてその確固たる地位を築いています。
 本講習では、めっき技術に求められる機能や特性についてお話しするとともに、めっき皮膜の評価・分析技術を実際の製品等を交えながら紹介します。さらにめっきにおけるトラブルシューティングや研究事例も紹介します。
プログラム
1.ものづくりと技術者倫理
 1-1 材料と人間社会の関わり
 1-2 事故の事例紹介
 1-3 技術者倫理の重要性
2.めっきの基礎
 2-1 めっきの析出メカニズム
 2-2 金属材料の基礎
 2-3 めっきの種類と特徴
 2-4 表面の特性
3.めっき皮膜の分析技術
 3-1 各種表面分析法の種類とその特徴
 3-2 めっき不良対策に必要な表面・測定技術と実際の適用例
4.めっき前処理と密着性
 4-1 素材から見ためっき皮膜の密着性
 4-2 めっき皮膜の密着性確保の指針
 4-3 密着性の評価方法
 4-4 めっき前処理工程とめっき不良
 4-5 難めっき素材のめっき不良とその対策
 4-6 アルミニウム合金へのジンケート処理
 4-7 計算機科学による密着性評価へのアプローチ
 4-8 マグネシウム合金へのめっき前処理
 4-9 めっきプロセスへのレーザ応用
5.密着性を向上させる表面処理技術
 5-1 表面粗化処理
 5-2 シランカップリング処理
 5-3 樹脂へのめっき
6.最近の研究事例の紹介
 6-1 接着・接合へのレーザ応用
 6-2 めっきによる水素脆性
 6-3 その他
7.質疑応答
キーワード
表面処理,めっき,無電解めっき,メッキ,講習会,研修

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ