ホーム > セミナー > リチウムイオン電池の安全性評価と各国試験規格の基礎

~リチウムイオン電池の基礎や熱暴走のメカニズム、事故事例を踏まえ国内外の試験規格の評価方法などの知識を習得し、安全性を高めた製品の開発に活かす~

リチウムイオン電池の安全性評価と各国試験規格の基礎

セミナー概要

略称
リチウム電池
セミナーNo.
開催日時
2019年10月21日(月)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
講師
テュフ・ラインランド・ジャパン(株)運輸・交通部 技術・型式認証課 技術サービス 
プロジェクトエンジニア  八尾 恭彦 氏

価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
これからリチウムイオン電池の材料開発、電池開発、安全性試験に携わる方。
注意事項:
本講座は単電池や組電池などの製品レベルに対する試験、評価を対象としております。
必要な予備知識
特に技術的な予備知識は不要です。講義内で触れる部分もありますが、電池に関する基本的な用語をご存知ですと、理解度は高まると思われます。
習得できる知識
・リチウムイオン電池の安全性試験の種類やその試験方法が理解できる。
・リチウムイオン電池に関連する国内外の試験規格の概要を理解できる。
趣旨
近年リチウムイオン電池はモバイル用途や自動車用途を始め、多くの製品に搭載されている。特にEV(電気自動車)、HEV(ハイブリッド電気自動車)およびPHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)の目覚ましい普及により、高出力で高エネルギー密度の駆動用リチウムイオン電池の需要が急増している。その一方で、リチウムイオン電池の発火や破裂の事故は以前として起きており、その安全性確保については重要な課題となっている。電池の基礎レベルの安全性を確保し、自動車システムやバッテリーパックの設計に関して不可欠なデータを入手するためには性能、信頼性および安全性の試験が必須となる。
本講義では主にリチウムイオン電池の国内外の安全性試験規格に基づく評価方法についてお話しする。
プログラム
1. リチウムイオン電池の基礎
(1) 動作原理
(2) 特徴
(3) 用語および定義

2. リチウムイオン電池の安全性
(1) 事故事例
(2) 熱暴走の発生メカニズム

3. リチウムイオン電池の海外・国内の試験規格とその評価方法
(1) JIS規格(JIS C 8715-2)
(2) UN規格(UN38.3, UNECE R100)
(3) IEC規格(IEC62133-1, IEC62619)
(4) その他の規格
*規格の種類は変更になる場合がございます。

4. 質疑応答
キーワード
リチウムイオン電池,試験規格,基礎,安全性,セミナー,講演,研修

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ