ホーム > セミナー > PVA(ポリビニルアルコール)の基礎と高機能化

☆基礎から最新の重合方法、機能性PVAの最前線などわかりやすく解説する!

PVA(ポリビニルアルコール)の基礎と高機能化

セミナー概要

略称
PVA
セミナーNo.
開催日時
2020年02月25日(火)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
講師
静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 講師 博士(工学) 小土橋 陽平 氏

【専門】高分子化学、バイオマテリアル
【略歴】
 2011年3月 鹿児島大学大学院 理工学研究科 博士課程修了(工学)
 2011年4月 アルバータ大学(カナダ) 化学/物質工学科 研究員
 2013年6月 物質・材料研究機構(NIMS) WPI-MANA ICYS研究員
 2016年4月 静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 講師

【講師HP】
https://kotsuchibashiyohei.wixsite.com/2016
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■会員登録とは? ⇒ よくある質問
■学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
 また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
・研究開発にたずさわって数年の若手技術者や新人の方。
・ポリビニルアルコール系の材料を取り扱っている方。
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
・ポリビニルアルコール系材料の基礎知識を習得できる。
・ポリビニルアルコール系材料を用いた機能性材料の最前線を習得できる。
趣旨
 ポリビニルアルコール(PVA)は、世界で年間500万トン生産される高分子であり、食品包装フィルムや化粧品、洗濯のりなど身の回りの様々な場面で利用されている。応用分野の拡張の為、PVAの性質を制御する機能化が注目されている。これまでPVAはその安定な構造から、機能化が難しく、多段階の有機反応や紫外線処理などが必要であった。近年、優れた重合方法や有機反応の台頭により、一次構造を制御したPVAの合成や、簡便なPVAの機能化が行えるようになってきている。その結果、センサーや薬物キャリア、アクチュエーター、抗菌フィルムなど新しいPVA材料が報告されている。講演者はこれまでにPVAやエチレン-ビニルアルコール共重合体に温度やpHなどの外部環境を認識する能力を付与することで、高機能化フィルムや粒子、ゲル材料、ナノファイバーなどを開発してきた。
 本セミナーでは、PVAの基礎から最新の重合方法、機能性PVAの最前線などを紹介し、PVAに関する様々な知識を習得していただく。
プログラム
1.PVAの基礎

2.PVAの重合方法

3.PVAの物理化学的な性質の評価方法


4.PVAの機能化
 4-1 有機反応、重合を用いた機能化
 4-2 複合材料による機能化

5.高機能化PVAの最前線
 5-1 デバイスとしての応用
 5-2 バイオマテリアルとしての応用
 5-3 その他の応用

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
PVA,ポリビニルアルコール,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ