ホーム > セミナー > 超省リソースで新商品を生み出す開発テーマ設定法と技術開発の進め方

超省リソースで新商品を生み出す開発テーマ設定法と技術開発の進め方

セミナー概要

略称
開発テーマ設定法
セミナーNo.
200231  
開催日時
2020年02月26日(水)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
講師
(株)ファースト・イノベーテック 代表取締役  川崎 響子 氏
<紹介>
「技術力」を最速で「ビジネスとなる商品」にすることを使命に「技術戦略コンサルタント」として活動する。市場ニーズをいち早く予測して開発した「省エネ世界No.1の組み込み制御システム」を搭載したプリンタにおいて売上アップに貢献するほか、社外アライアンスによる商材開発の実績を持つなど、少人数の技術開発チームで新商品を創出する「市場探索型開発」を得意とする。

<略歴>
20年来に渡り、日本企業、外資系企業においてLSIや組み込みシステムの開発、技術戦略に携わる。
◎主に新規事業の立ち上げや新商品の開発に従事する傍ら、技術戦略の立案リーダーとして、事業企画から商品実用化開発まで「アイディア」を「形」にする活動を行う。
◎OA機器メーカー在職中、省エネ世界No.1システムなど新規商品向け企画や開発により、社長賞をはじめ、数々の社内表彰を受賞する。
◎現在(株)ファースト・イノベーテックにおいて、新商品・新規事業立ち上げ、技術戦略、省リソース&市場探索型の開発推進法を使った開発サポートを行う。その他、オープンイノベーションのマッチングサポートを行う。
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
■会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食、資料付

講座の内容

習得できる知識
1.少人数、短期、低コストを徹底した開発テーマの創出方法
2.既存事業の開発と並行して行う新規開発テーマの推進法
3.ボトムアップ型開発を活性化する組織マネジメントのコツ
趣旨
 昨今のプロダクトライフサイクルの短期化により、画期的で利益を生み出す商品や技術開発を今まで以上に早く立ち上げることが望まれています。また、市場ニーズがとらえにくく、これを開発すれば必ず売れる商品へ成長させられると明確に捉えることは非常に難しい時代でもあります。故に、事業・商品企画組織やR&D組織自らが少人数・早期・低コストを徹底した省リソースによる技術開発を進め、商品につなげる努力を行うことが重要です。
 本セミナーでは、既存事業・商品の開発を行いながらも、超省リソースで新しい価値を生み出すための開発テーマの設定法、および実際に技術開発を進めるコツを紹介します。また、超省リソースかつ低リスクで技術開発を進めるためにファースト・イノベーテックが推奨する「シンプル技術戦略」による目標設定とその活用方法を紹介します。ワークを通して開発テーマ設定とシンプル技術戦略作成のポイントを体験できます。
プログラム
1.現状を取り巻く課題と解決への筋道
 1-1. 製造業・テクノロジー企業を取り巻く環境の変化
 1-2. 日本企業が抱える課題と目指す姿
 1-3. 現代における省リソース開発の重要性
 1-4. 新規事業・新商品のための技術開発フロー

2.徹底した超省リソース開発の基本
 2-1. 既存事業と新規事業の開発を並行して行うために
 2-2. 既存事業と新規事業で開発スタイルを変える
 2-3. 最重要項目のみを行う省リソース開発の基本
 2-4. 省リソース開発を早く軌道に乗せるためのツール
 2-5. 省リソース開発のための技術戦略3原則

3,超省リソース技術開発を推進する「シンプル技術戦略」
 3-1. 省リソース開発に必要な3つの重要スキル・獲得法
 3-2. 省リソースによる2ステップ開発テーマ設定法
 3-3. ステップ1:A4一枚による企画書
 3-4. ステップ2:シンプル技術戦略

4.2ステップで進める開発テーマ設定フロー
 4-1. ターゲット設定
 4-2. ステップ1:A4一枚による企画書作成
  ・情報収集
  ・市場ニーズ調査
  ・技術シーズの棚卸し・整理
  ・開発テーマ評価
  ・開発テーマの効果を伝えるストーリー表現法
【演習・ワーク】アイディア抽出から選定、基本方針作成
 4-3. ステップ2:シンプル技術戦略
  ・中長期目標:エコシステム想定
  ・短期目標:ビジネスモデル想定
 4-4. 省リソースによるロードマップ作成方法
  ・省リソース開発の鉄則:優先順位の決定
  ・省リソース開発の鉄則:QCD設定のコツ
  ・省リソース開発の鉄則:リスクヘッジの考え方
【演習&ワーク】「シンプル技術戦略」作成

5.超省リソース開発による技術開発事例

6.超省リソース開発を推進するための技術開発、組織育成の進め方
  ・省リソース開発を進める上で発生しやすいリスク・課題
  ・ゼロから始める市場探索・ファン獲得事例
  ・省リソース開発組織・人材の継続的育成法
【演習&ワーク】「市場探索+ファン育成型開発」計画

7.質疑応答
キーワード
省リソース,商品,技術,開発,テーマ,市場探索,ロードマップセミナー,研修,

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ