ホーム > セミナー > FT-IRの基礎と測定方法およびスペクトル解析のポイント

赤外分光法の基礎、スペクトルの解析とデータ処理方法、様々なFTIRの測定方法と適用可能な試料形態、サンプリング時のコツと失敗例、実際のアプリケーション事例を詳解!

FT-IRの基礎と測定方法およびスペクトル解析のポイント

セミナー概要

略称
FT-IR
セミナーNo.
開催日時
2020年04月20日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
講師
日本分光(株)
光分析ソリューション部 ソリューション技術課
樋口 祐士 氏
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
FT-IRのオペレーター
FT-IRを使用する分析技術者
今後FT-IRを使用する方
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
赤外分光法の基礎
FT-IRの基礎原理と測定方法
顕微FT-IRの基礎原理と測定方法
スペクトルの解析方法
上記をベースに実際のアプリケーション事例を解説することで、FT-IRの分析方法と解析方法が習得できる。
趣旨
FT-IRは赤外分光法という原理を用いた分析装置であり、FT-IRを用いた分析は、化合物の定性・定量ができるという特性から異物分析方法の1つとして広く用いられている。また、金属以外の試料であれば、無機物・有機物問わず何らかの特徴的な情報が得られるため、異物分析において有効な方法としても知られている。
本講座では、FT-IRを正しく使用し、得られたスペクトルを正しく解析するために必要な基礎知識の習得を目的とする。赤外分光法の基礎、スペクトルの解析とデータ処理方法、様々なFT-IRの測定方法と適用可能な試料形態、サンプリング時のコツと失敗例、実際のアプリケーション事例などの紹介を通じて、FT-IRを使用するにあたって正しい理解を習得する。また、最後にFT-IRと、赤外分光法と相補的な関係であるラマン分光法との比較をすることで、FT-IRの得意な試料・不得意な試料を明確にする内容になっている。
プログラム
1.赤外分光法の基礎
 1-1.赤外分光法とは
 1-2.スペクトル解析の基礎
 1-3.FT-IRの装置原理
 1.4.顕微FT-IRの装置原理

2.スペクトル解析
 2-1.スペクトルの帰属
 2-2.データ処理のコツ
 2-3.データベースを用いた解析

3.FT-IRの測定方法とアプリケーション紹介
 3-1.透過法
 3-2.反射法
 3-3.パラメーター設定のコツ

4.顕微FT-IRの測定方法とアプリケーション紹介
 4-1.測定方法
 4-2.前処理テクニック
 4-3.イメージング分析

5.赤外分光法とラマン分光法の比較
 5-1.ラマン分光法の原理と比較
 5-2.赤外分光法とラマン分光法の測定結果の比較
キーワード
FT-IR ,スペクトル解析,赤外分光法,測定方法,基礎,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ