ホーム > セミナー > 発泡成形の基礎と微細射出発泡成形

発泡成形の基礎と微細射出発泡成形

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策について

※本セミナーはLIVE配信も実施する予定です。職場や自宅で受講したい方はこちらからお申し込みください。

セミナー概要

略称
発泡成形
セミナーNo.
開催日時
2020年08月24日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第6展示室
講師
秋元技術士事務所 所長 技術士(化学部門)博士(工学) 秋元 英郎 氏

【専門】
 プラスチック成形加工

【略歴】
 1983年大阪大学大学院理学研究科高分子学専攻(修士)修了
 1983年三井石油化学工業(現三井化学)入社
  高分子材料分野で材料開発、技術サービス、加工技術開発、企画開発、マーケティング、販売等を担当。
 2007年小野産業(現 タクセル株式会社)に出向し、技術開発、知財を担当。
 2010年に三井化学を退職して独立し秋元技術士事務所を開設し現在に至る。
  IPF2011, プラテックス大阪2016で基調講演。
  プラスチック成形加工学会編集委員
  同 発泡・超臨界流体利用加工技術専門委員会委員長
  同 新加工技術専門委員会委員
  プラスチックス・ジャパン株式会社 代表取締役社長
  海外のプラスチック展示会の視察レポートを発信(直近はK2019)
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは?⇒よくある質問
学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
15名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
 プラスチック材料メーカーの技術者、成形メーカーの技術者、最終製品メーカーの設計担当者。
趣旨
 本講座では、発泡成形の基礎から、射出発泡成形、超臨界流体を用いた微細射出発泡の基礎,応用,及びコアバック発泡の基礎と応用について解説する。
 特に近年はMuCellに代わる物理発泡成形が注目されているので、解説する。
プログラム
0.はじめに
1.発泡体・多孔体の製法、特徴
2.身の回りにある発泡製品
3.発泡成形に用いられる発泡剤

 ・化学発泡剤
 ・物理発泡剤
 ・超臨界流体
 ・マイクロカプセル
4.発泡成形の種類と特徴
5.射出発泡成形の基礎
6.微細射出発泡成形(MuCell)の特徴、応用

 ・MuCellの原理
 ・超臨界流体の必要性
 ・設備と制御
 ・気泡の制御
 ・メリット
 ・用途例
 ・製品・金型設計
 ・一歩進んだMuCell
 ・MuCell以外の物理発泡成形
7.コアバック発泡
 ・原理
 ・利点(何故コアバックによる軽量化効果は大きいのか)
 ・設備(成形機、金型)
 ・制御(気泡の制御)
8.今後の展開
≪質疑応答・名刺交換≫
キーワード
発泡成形,射出成形,発泡剤,微細,コアバック,MuCell,気泡,講座,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ