ホーム > セミナー > 代謝工学の基礎と発酵生産プロセスの実際

本セミナーでは、発酵生産プロセスを代謝工学の側面から体系的に解説いたします。さらに、生産菌開発の方法論や戦略も交え、発酵生産プロセスと生産菌開発の実際も紹介いたします。

代謝工学の基礎と発酵生産プロセスの実際

-Super cell-factoryの創製を目指して-

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
代謝工学
セミナーNo.
nts191201  
開催日時
2019年12月05日(木)13:00~16:30
主催
(株)NTS
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 第2ゼミルーム 
価格
非会員: 44,000円(本体価格:40,000円)
会員: 44,000円(本体価格:40,000円)
学生: 44,000円(本体価格:40,000円)
価格関連備考
1名につき、44,000円(40,000円+税)※資料を含む

講座の内容

受講対象・レベル
食品・医薬品関連分野で微生物の育種や発酵プロセスの開発に携わっている方。これらの製造現場で品質の安定化やコストダウンを検討されている方。微生物による有用物質生産の基礎を学びたいと考えている現場の技術者にも最適な内容です。
趣旨
 わが国が世界に誇れる発酵産業の発展は、高性能な生産菌開発の成功と密接に結びついている。その開発は何を狙いとし、どのような手法で、またどのような戦略で行なわれているのか。
 本セミナーでは、生産菌開発の裏に潜む、ゲノム情報からでは見えない思想も交え、発酵生産プロセスと生産菌開発の実際を紹介する。
プログラム
1.発酵生産プロセスとは

2.代表的な発酵生産プロセスの概要

3.代謝工学とは

4.完成型に近づいたアミノ酸生産菌開発の実際

5.コリネ型細菌の高度産業利用に向けて

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ