ホーム > セミナー > 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用

外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
外観検査/目視検査
セミナーNo.
tr191102  
開催日時
2019年11月07日(木)10:30~16:30
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
価格
非会員: 51,700円(税込)
会員: 51,700円(税込)
学生: 51,700円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 47,000円[税別]/1名
1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

講座の内容

趣旨
ものづくりの現場において,検査は欠くことのできない工程である.特に外観検査は,不良の流出を防ぐだけでなく,その製品や企業への信頼性を担保する上で,重要な検査工程となった.外観検査を自動化する場合,一般的には,対象ワークや検査項目に応じて,一品一様で既存の画像処理コマンドの組み合わせとパラメータ調整を行う.しかし近年,融通性の高いシステムへの要望が高まり,より汎用性の高い画像処理手法や,AI技術の活用が期待されている.
 本セミナーでは,産学共同研究における事例を通じて,実問題の解決に画像処理・AI技術いかに活用するか,その方法論を解説する.
プログラム

1 外観検査・目視検査の自動化に際して
  1.1 外観検査自動化の画像処理とは
  1.2 外観検査自動化の目利き
  1.3 外観検査自動化におけるAI技術
  1.4 AI技術の活用方法を考える

 2 検査画像処理の研究開発事例
  2.1 画像検査ソフト開発支援・自動生成システム
  2.2 欠陥識別・分類における機械学習
  2.3 人の視覚生理機構に学ぶ「傷の気付き」処理
  2.4 撮像系と画像処理系の連携検査
  2.5 外観検査における深層学習

 3 産学連携による課題解決
  3.1 産学共同研究のはじめ方
  3.2 外観検査自動化の学会

 4 まとめ
  4.1 画像検査工学
  4.2 展望


 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ