ホーム > セミナー > FMEAのあるべき姿と効率よい使い方【富士重工業(株)工場見学付き】

セミナー参加者を午前中に富士重工業(株)群馬製作所矢島工場見学(無料)にご招待いたします。(希望者のみ)
工場見学の内容は下記スケジュールをご確認ください。

FMEAのあるべき姿と効率よい使い方【富士重工業(株)工場見学付き】

~未然防止活動を見直そう!!~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
スバルCコース(FMEA)
セミナーNo.
150530  
開催日時
2015年05月15日(金)07:40~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
高崎駅前(群馬) ※工場見学後、バスでセミナー会場「ビエント高崎」に移動
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 47,250円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込の場合、1名につき43,200円(税込)へ割引になります。
特典
午前中に富士重工業(株)群馬製作所矢島工場を見学できます。
 【集合時間】7:40
 【集合場所】高崎駅
 【工場見学の予定時間】9時00分~11時00分
※貸切バスでの移動になります。道路の混雑状況などにより多少時間が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

習得できる知識
・FMEAのあるべき姿について
・未然防止の中のひとつであるFMEAの使い分け方
趣旨
 FMEAを何のためにやりますか、やっていますか。顧客要求・顧客への提出があるから、自動車関連の品質システムの認証・審査のため、デザインレビューに必須となったから。等々ありますが、本来は未然防止のためにやるものです。しかし、未然防止=FMEAではありません。FMEAのあるべき姿、FMEAの使い方を理解することで、未然防止活動を見直しし、より効率よくやることが必要です。
 本当に役に立つ、やってよかった、と思われるFMEAを実施しましょう。
プログラム
1.未然防止活動
 1-1.そもそもの未然防止とは
 1-2.未然防止の区分けの必要性
 1-3.故障予測と再発防止
 1-4.FMEAがうまくいかない理由、事例
 1-5.効率的な未然防止活動の適用時期
 1-6.重点化実施することが必要
 
2.FMEAの作成
 2-1.設計FMEAと工程FMEA
 2-2.効率良いFMEAの作成方法
  2-3.FMEAとDRBFMについて
 
3.DRでの有効活用
 DRの効率化による未然防止の有効化
 
4.FMEA事例紹介

【質疑応答・名刺交換】

セミナー会場のビエント高崎で開催いたします。
http://www.viento-takasaki.or.jp/about/access.html

​※尚、工場見学の内容とセミナー内容は関連の無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
スケジュール
7:40  高崎駅 ヤマダ電機LABI前に集合
8:00  出発(貸切バスで移動)
9:00  富士重工業(株)矢島工場着
     ~ 見学 ~
11:00 出発(貸切バスで移動) ※昼食はバス内
12:00 セミナー会場着(ビエント高崎)
12:30 セミナー開始
16:30 セミナー終了 <セミナー会場での解散となります>

【工場見学内容】
プレス工程、ボディ溶接組立工程、内外装部品取付工程、スバルビジターセンター
(工場説明ビデオ鑑賞、展示ホール、リサイクル・テクノラボ、FHIギャラリー)
*都合により見学内容を変更する場合があります。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ