ホーム > セミナー > ゴム・エラストマー分析の基礎と応用

ゴム・エラストマーに関わる研究開発、品質管理、分析部門の方々は必聴です!分析技術を使いこなし、分析の勘所を掴む良い機会となるでしょう!

ゴム・エラストマー分析の基礎と応用

~材料開発、品質向上、トラブル対策を支える分析技術~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
ゴム分析
セミナーNo.
150653  
開催日時
2015年06月29日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・ゴム・エラストマー関係企業、研究機関の分析部門の技術・研究者
・同上の製品開発、材料開発、生産技術に携わる技術・研究者
・同上の製品企画、品質管理、営業技術に携わる方
 
習得できる知識
・ゴム・エラストマー分析技術の基本的知識(装置・原理・手法)
・材料開発、品質改善、トラブル対策のための効率的な分析の進め方
・目的に応じた最適なゴム・エラストマーの分析手法と手順
・新しいゴム・エラストマー分析技術の活用法
  
趣旨
 ゴム・エラストマーの更なる材料開発・品質向上のためには、その構造を精密に解析し、物性・現象発現のメカニズムを解明する分析技術が必須の技術となります。
 本セミナーでは、ゴム・エラストマーの技術を概説した上で、それを分析するための装置・原理・手法について解説します。ものづくりのための分析として、材料開発・トラブル対策の分析の進め方、アプローチの仕方について解説します。次に、分析技術の実際の応用例として、様々なテーマについて各種分析装置を用いた分析事例を紹介します。多岐に渡る豊富な分析事例を学ぶことにより、実際の分析に役に立つ指針、知識、ヒントを得ることができます。更に、新しい分析技術の動向として、今まで見えなかった世界を可視化する技術について、その活用事例と手法を紹介します。
 本セミナーは、分析部門だけでなく、材料研究、品質管理など企業の各部門の方々にとって、分析技術を使いこなす手法を理解し、分析の勘所を掴む良い機会となります。これにより、効率的な材料開発、品質改善及び迅速なトラブル対策に貢献できるものと考えます。
   
プログラム
1.ゴム・エラストマー技術概論
  1-1.ゴム・エラストマーの材料と構造
  1-2.ゴム・エラストマーのテクノロジー

2.ゴム・エラストマーの分析技術~分析装置・原理・手法~
  2-1.組成・微量成分分析
  2-2.表面・界面分析
  2-3.形態解析
  2-4.分子構造解析
  2-5.熱分析
  2-6.X線回折

3.ものづくりのための分析~分析課題解決のPDCA~
  3-1.分析部門の役割と重要性
  3-2.ゴム・エラストマー分析のニーズと特徴
  3-3.材料開発のための分析の進め方
  3-4.トラブル対策の分析の進め方

4.ゴム・エラストマー分析技術の応用事例~実際の分析事例紹介、分析の目的に応じた最適な分析手法~
  4-1.組成分析(ポリマー構造、添加剤、遊離硫黄)
  4-2.表面分析(異物、ブルーム、微量汚染物質)
  4-3.劣化分析(熱劣化、酸化劣化、オゾン劣化、塩素劣化、加水分解、変色、疲労劣化など)
  4-4.深さ分析(架橋密度分布、添加剤濃度勾配)
  4-5.相溶性分析(ポリマー分散、ポリマー界面厚み)
  4-6.ナノ力学物性(フォースカーブ、弾性率マッピング)
  4-7.3次元構造解析(表面形状、内部構造(フィラー分散、相分離、発泡セル))
  4-8.ポリマー/フィラー界面解析(ポリマーゲル、シランカップリング剤反応)
  4-9.接着界面解析(ゴム/金属、ポリマー/樹脂)
  4-10.材料・プロセス開発への応用(ポリマー変性、動的架橋エラストマー、バイオマス材料、リサイクルプロセス)

5.ゴム・エラストマー分析の進化~新しい可視化技術~
  5-1.伸長挙動解析~補強と破壊のメカニズム~
    (フィラー粒子の挙動、分配、ネットワーク構造、応力集中、ナノボイド、フィブリル、体積変化、分子鎖切断、分子運動性)
  5-2.ゴムの不均一架橋構造
  5-3.放射光利用による分析
 
キーワード
研修、講座、講義、情報、研究、開発、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ