ホーム > セミナー > 役に立つ液体混合技術

気-液、液-液、固-液など、条件に応じた混合プロセスの最適化を図る!

役に立つ液体混合技術

~撹拌の基礎から最先端のカオス混合まで~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
液体混合
セミナーNo.
150806  
開催日時
2015年08月24日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
特典
昼食・資料付

講座の内容

趣旨
 我々の身の回りにある日用品のほとんどは液体混合操作を経て製造されています。しかしながら学問的な体系化が成されていないため、現場では感や経験に頼った操作が行われているのが実情です。本講義では液体混合について基礎から解説し、基礎的な事項を把握しているなら如何に効率良く製品の製造が行う事が出来るのかを、実例を交えながら講義します。「目から鱗」となるような例が多数ある事に驚かれる事と思います。
 
プログラム
第1部 液体混合の基礎
 1.液体混合とは ~身近に存在する液体混合~
  1-1 液体混合の目的
  1-2 混合機構
  1-3 混合度の評価
  1-4 レオロジー
 2.混合装置とその選択法
  2-1 攪拌槽
  2-2 噴流混合機
  2-3 スタティックミキサー
  2-4 エクストルーダー
  2-5 装置の選定法~結局は攪拌槽か?
 3.液体混合の特性値
  3-1 攪拌所要動力
  3-2 フローパターン
  3-3 混合時間
第2部 高粘度液体混合における問題点とその対策
 1.フローパターン
  1-1 フローパターンの測定
  1-2 局所並びに積分混合効率
 2.攪拌所要動力
  2-1 ニュートン流体の攪拌所要動力
  2-2 非ニュートン流体の攪拌所要動力
   ・ Metzner-Ottoの方法
   ・ 代表剪断速度の相関
 3.混合時間
  3-1 ニュートン流体の混合時間
   ・ 幾何学的形状の影響 
   ・ 粘度比の異なる液体同士の混合
   ・ 液位変化の影響
  3-2 非ニュートン流体の混合時間 ~ニュートン流体との違い~
第3部 異相系液体混合における問題点とその対策
 1.気-液混合
  1-1 最適操作条件 ~気体の分散状態~
  1-2 気泡径  
  1-3 物質移動係数とガスホールドアップ
 2.液-液混合
  2-1 完全液液分散攪拌速度の測定と相関 
  2-2 液滴径の分裂メカニズムとその相関
  2-3 液滴径分布
 3.固-液混合
  3-1 完全浮遊攪拌速度の測定と相関
  3-2 完全浮遊に及ぼす幾何学的形状の影響
  3-3 固体粒子濃度の制御
  3-4 固体粒子の翼への衝突 ~晶析に必要な情報~
第4部 近年の液体混合
 1.混合効率 ~新たな混合評価指標~
  1-1 局所混合効率
  1-2 積分混合効率
 2.気液混合
  2-1 過剰気体通気 ~どこまで通気は出来るのか?~ 
  2-2 マイクロバブルの応用 ~新規なバイオリアクター~
 3.カオス混合 ~未来の混合~
  3-1 カオス混合による混合の促進 ~省エネ~ 
  3-2 粒度分布の制御 ~生産効率の向上~
  3-3 新物質の合成 ~巧みな混合操作~ 
  3-4 空間的カオス混合 ~本当に今までの撹拌槽で良いの~
【質疑応答・名刺交換】
 
キーワード
撹拌,攪拌,混合,気液,液液,固液,翼,邪魔板,スケールアップ,装置,操作,研修,講座

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ