ホーム > セミナー > 熱可塑性エラストマー入門<原料から最新の加工法まで>

熱可塑性エラストマー入門<原料から最新の加工法まで>

~ 各TPEの物性・構造から最新の成形加工、加飾、実際の応用事例まで、見て触って理解する講座 ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
熱可塑性エラストマー
セミナーNo.
171037  
開催日時
2017年10月26日(木)10:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第6展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
サンプルを多数用意する予定です。見て・触って・聞いて学べます!!
備考
昼食・資料付

講座の内容

習得できる知識
・エラストマーの種類、物性から最新の加工、加飾法、用途まで
・エラストマーのメリット・デメリット
・少子・高齢化社会とエラストマーの役割
趣旨
多数のサンプルを見て触って五感で理解するエラストマー講座。
自分の感覚で各種エラストマーを触って違いを理解し、最新の成形技術・商業化例を通じて新規用途開発のヒントが学べます。
プログラム

1.熱可塑性エラストマー(TPE)とは
 1-1.TPEの歴史
 1-2.TPEとゴム、プラスチックの違い

2.TPE材料の種類/構造/特性
 2-1.TPE材料の種類
 2-2.TPE材料の各論-構造/特性
 2-3.TPE材料の高機能化
 2-4.TPE材料の耐久性
 2-5.TPE材料総括と選択基準

3.TPE材料の成形技術
 3-1.代表的成形技術
 3-2.最新の成形技術と加飾技術
 3-3.異材接合
 3-4.TPEの表面2次加飾

4.TPEの成形不良
 4-1.不良原因と解決策 
 4-2.不良改良の成形技術例

5.TPEのリサイクルと用途

6.TPE材料採用の要因

7.TPE材料のコスト比較


8.TPE材料の市場
 8-1.マーケット動向
 8-2.TPEメーカー動向

9.TPE材料の用途例
 9-1.自動車関連用途
 9-2.非自動車関連用途

10.少子高齢化社会とエラストマーの役割

11.資料

 (TPE材料の種類/構造/特性の詳細:各社カタログ、参考資料)

キーワード
熱可塑,エラストマー,TPE,tpe,ゴム,成形,不良,講習会,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ