ホーム > セミナー > ブロー成形の基礎と応用技術、トラブル対策

ブロー成形の種類別に、工程別に図示することで、技術を分かりやすく解説!
成形に関係する技術を、図表を使ってより深く説明!

ブロー成形の基礎と応用技術、トラブル対策

セミナー概要

略称
ブロー成形
セミナーNo.
開催日時
2017年11月27日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第4展示室
講師
ヤワカ技術士事務所 所長 八若 洋平 氏
【専門】
高分子化学,  技術士(化学部門)
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
初めてブロー成形に取り組む方々は勿論のこと、新規製品の開発を計画している技術者にとっても有意義な内容となっている。
習得できる知識
・ブロー成形技術の基礎とノウハウ
・ブロー製品開発の進め方
趣旨
ブロー成形に関して、基礎から応用までの技術の要点を解説する。その中でブロー成形に関する専門用語についても説明する。さらに、ブロー製品の開発事例を紹介し、開発の在り方とトラブル対策についても解説する。
プログラム
1.ブロー成形とは?
  1.1 ブロー成形の原理
  1.2 ブロー成形による実用製品
  1.3 ブロー成型品の特徴
2.ブロー成形の種類
  2.1 押出ブロー成形
  2.2 射出ブロー成形
  2.3 延伸ブロー成形
  2.4 多層ブロー成形
  2.5 多次元ブロー成形
3.ブロー成形機
  3.1 ブロー成形機の構成(押出機、スクリュウー、ダイヘッドなど)
  3.2 押出ブロー成形機
  3.3 多層共押出ブロー成形機
  3.4 射出ブロー成形機
  3.5 射出延伸ブロー成形機
  3.6 周辺機器
4.ブロー成形用樹脂
  4.1 樹脂の種類
  4.2 樹脂の加工特性
  4.3 プラスチックの特性
5.成形品と金型設計
  5.1 製品形状と分割
  5.2 金型設計上の留意点
  5.3 モルダーとの技術協力体制
6.ブロー成形の実践
  6.1 成形工程での課題
  6.2 工程全般での課題
7.ブロー製品の開発例紹介
  7.1 液体洗剤用容器
  7.2 マヨネーズ容器
  7.3 燃料タンク
8.ブロー成形のトラブルシュート
キーワード
ペット,PET,中空,肉厚,不良,金型,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ