ホーム > セミナー > 廃プラスチックの最新リサイクル技術

マイクロプラスチックによる生態系への影響、二酸化炭素の排出削減、資源の循環利用を考慮したプラスチックの使用法とリサイクル技術・評価まで詳解!

廃プラスチックの最新リサイクル技術

~持続可能な社会におけるプラスチックの使い方~

セミナー概要

略称
廃プラスチック
セミナーNo.
開催日時
2020年03月16日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
講師
(国研)産業技術総合研究所 環境管理研究部門 招聘研究員 工学博士 加茂 徹 氏

<ご専門>
 有機物理化学、リサイクル工学

<学協会>
 プラスチックリサイクル化学研究会、廃棄物資源循環学会

<ご略歴>
 昭和61年4月 東北大学工学部応用化学科 助手
 昭和62年4月 工業技術院 公害資源研究所 研究員
 平成13年4月 産業技術総合研究所 エネルギー利用研究部門 グループ長
 平成22年4月 産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門 グループ長
 平成27年4月 産業技術総合研究所 環境管理研究部門 上級主任研究員
 平成31年4月 産業技術総合研究所 環境管理研究部門 招聘研究員
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
 
習得できる知識
・廃プラスチック問題の現状
・廃プラスチックのリサイクルに関する最新技術
・これからのプラスチックの使い方(技術、標準、評価)
 
趣旨
 2015年に国連が採択したSDGsは単に環境・貧困問題の解決を目指したものではなく、平和で持続可能な世界を築くための行動規範であり、現在、国際的に大きな潮流となっている。本講演では、廃プラスチックが関与するマイクロプラスチックによる生態系への影響、二酸化炭素の排出削減、資源の循環利用等の問題を解説すると共に、最新の廃プラスチックのリサイクル技術を紹介する。
   
プログラム
1.資源循環の現状

2.プラスチックのリサイクルの特徴

3.マイクロプラスチックの現状

4.プラスチックのリサイクル技術の概要

 4-1.マテリアルリサイクル
 4-2.ケミカルリサイクル
 4-3.エネルギー回収
 4-4.評価法

5.電気電子機器に使用されているプラスチックのリサイクル
 5-1.家電リサイクル
 5-2.小型家電リサイクル

6.自動車に使用されているプラスチックのリサイクル

7.バイオプラスチックの現状と課題

8.資源循環の未来
キーワード
廃プラスチック、リサイクル、資源、循環、マイクロ、バイオ、評価、再利用

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ