化学プラント設備における保全計画の考え方から、代表的な劣化現象である腐食と疲労にスポットを当て、これらのメカニズム、検査・診断方法及び緩和策について解説致します!

経年化学プラント設備における劣化損傷と保全計画の考え方【LIVE配信】
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー概要
略称
化学プラント設備【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年09月15日(水) 13:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
Tesoro山本技術士事務所 代表 山本 宝志 氏

【ご専門】
技術士(機械,金属部門)
プラント設備管理技術,機械設備の検査技術,金属の腐食・割れ等の損傷解析,振動等による動機器診断
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、
  49,500円(1名当たり 24,750円)(税込)です。

4名以上で同時申込されるとさらにお得にご受講いただけます。
お申込みご希望の方は こちらからお問い合わせください。

会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
プラントの設備管理ご担当(主に機械系)
必要な予備知識
機械設備の保全に携わっておられる方であれば、特に予備知識は必要ありません。
習得できる知識
・リスク基準保全をはじめとする保全方式の概要及び、保全計画の考え方が理解できる
・腐食の基礎、種類、検査のポイント及び抑制策が理解できる
・疲労の基礎、検査のポイント及び抑制策が理解できる
趣旨
 化学物質を高い温度や圧力の下で取り扱う化学メーカーにおいては、ひとたび重大な事故が起こると一瞬にして社会からの信頼を失い、事業に多大な影響を及ぼすリスクが存在しています。化学メーカーの発展存続のためには「設備を含むプロセス安全の確保」を最優先に、さらに「コスト競争力の確保」も重点課題として掲げなければなりません。
 これらの課題を達成するために、プラント設備管理においては従前の時間基準保全を中心とした考え方から、より合理的とされるリスク基準保全が研究され導入が進んでいます。リスク基準保全を効果的に推進させるためには、設備に起こりうる劣化現象を網羅的且つ適切に捉えることの重要性がより高まっています。
 本講座では、まず化学プラント設備における保全計画の考え方を概説します。さらに、代表的な劣化現象である腐食と疲労にスポットを当て、これらのメカニズム、検査・診断方法及び緩和策について解説致します。
プログラム

1. 設備管理の概要と基礎、保全計画の立て方
   1-1. 保全方式の種類と特徴
   1-2. 劣化と故障について
   1-3. リスクの考え方と経年設備の保全計画

2. 腐食のメカニズム,種類及び検査
   2-1. 腐食現象の基礎
   2-2. 実際の腐食と検査方法
   2-3. 腐食抑制の考え方

3. 疲労のメカニズム,検査及び防止方法
   3-1. 疲労破壊のメカニズムと影響因子
   3-2. 疲労破壊が発生しやすい場所
   3-3. 検査と抑制策のポイント

【質疑応答】

キーワード
プラント設備,保全計画,腐食,疲労,検査,劣化,管理,WEBセミナー,セミナー,講演,研修
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索