3時間で学ぶ!
ナノ蛍光体に携わっている講師の経験や知見をもとに、液相合成、表面修飾、量子効果など、ナノ蛍光体を取り扱うための基本を理解する解説を行います!

ナノ蛍光体の開発動向から見る最新技術・市場展望【LIVE配信】
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※日程が変更になりました。(10/14更新)
10月19日 → 12月20日(月)

セミナー概要
略称
蛍光体【WEBセミナー】
セミナーNo.
2110113
開催日時
2021年12月20日(月) 13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 専任講師 博士(工学)
磯 由樹 氏

【ご専門】
蛍光ナノ材料

【ご経歴】
2011年慶應義塾大学理工学部卒業、2013年慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了、2015年同後期博士課程修了・博士(工学)取得。
後期博士課程の間、慶應義塾大学大学院理工学研究科助教(有期・研究奨励)や日本学術振興会特別研究員(DC2)として活動。2015年より慶應義塾大学理工学部の助教に着任し、現在は専任講師。学生時代より様々な蛍光ナノ材料に関する研究に取り組み続けている。

【最近の国内での総説・解説記事】
「単結晶シリコン太陽電池の波長変換材料を目指した量子ドットの開発」機能材料 (シーエムシー出版)、「新しい蛍光体材料カーボンドットとは?─緑色や赤色に発光するナノ炭素材料」化学 (化学同人)、「ナノ蛍光体:発光する半導体量子ドット」粉体工学会誌 (粉体工学会)、「新たなナノ蛍光体の台頭─ペロブスカイトナノ結晶とカーボンドット─」セラミックス (日本セラミックス協会)
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
ナノサイズの蛍光体に興味を持ち始めた方、これから取り扱い始める方、量子ドットなどの蛍光ナノ材料について基本的な知識を得たい方
必要な予備知識
理工系学部の基礎的な化学の知識があれば大丈夫です。
習得できる知識
量子ドットなどナノサイズ化された蛍光体の特有の合成プロセス、構造、性質などにおける基本を理解できる。蛍光ナノ材料の応用や開発のトレンドに関する知識を習得できる。
趣旨
 蛍光体には有機分子、金属錯体、無機結晶などのように分類することができますが、ナノサイズの無機蛍光体(ナノ蛍光体)は独特な地位を築いています。ナノ蛍光体は量子ドットなども含み、一般的な蛍光体とは合成法や特性などにおいて異なる点が多くあります。
 蛍光体を取り扱った経験がありながら、ナノ蛍光体に見られる独特の液相合成プロセス、有機分子による表面修飾、分散性制御、量子効果などに馴染みがないこともあるのではないでしょうか。
 本講演ではナノ蛍光体に興味を持ち始めた方や、これから取り扱ってみたいという方を想定します。10年以上ナノ蛍光体に携わっている講師の経験や知見をもとに、液相合成、表面修飾、量子効果など、実例を挙げながらナノ蛍光体を取り扱うための基本を理解する解説を行います。また、応用例や最近注目されている材料についても紹介します。
プログラム

1. ナノ蛍光体の基礎
   1-1. 蛍光体の大まかな分類とナノサイズ化の意義
   1-2. ナノ蛍光体特有の光学的・量子的効果
   1-3. 表面修飾剤の分散安定性と蛍光特性に与える影響
   1-4. よく知られているナノ蛍光体の紹介とそれぞれの特徴の解説

2. ナノ蛍光体の有名な合成法
   2-1. ホットインジェクション法
   2-2. ソルボサーマル法

3. ナノ蛍光体の応用と課題
   3-1. バイオイメージング応用
   3-2. LED応用
   3-3. ディスプレイ応用
   3-4. 太陽電池応用
   3-5. ナノ蛍光体の劣化
   3-6. ナノ蛍光体の毒性への懸念
   3-7. ナノ蛍光体の展望


【質疑応答】

キーワード
蛍光体,量子ドット,合成,ナノ,有機,無機,WEB,セミナー,講演,研修
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索