★本講演は、自動車部品メーカーで長年、電子製品の品質業務に携わってきた講師が、
 豊富な実務経験を基に品質保証のポイントを分かりやすく解説し、職場で役立つ知識の習得を目指します。

電子製品、電子部品の品質保証のポイント【LIVE配信】
~品質保証強化の仕組みから不具合防止策・不良発生時の対応~

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー概要
略称
電子製品の品質保証【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2022年02月16日(水) 10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
(株)ワールドテック ものづくり支援グループ 研修講師 榊原 秀雄 氏

【講師紹介】
日本電装(株)-現(株)デンソーに入社。
デジタル回路設計及び電子製品の品質保証業務に従事。 
その後、電子部品の品質保証業務を担当。 電子部品メーカの品質改善の支援、電子部品の新規仕入先(含む中国、台湾、東南アジア)開拓にも従事。
車載電子製品の品質保証分野に幅広い経験と知見を持つ。
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
 ・10名以上で申込される場合は割引料金でご案内いたします。
  お気軽にメールでご相談ください。info@rdsc.co.jp
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
電子製品の一般基礎知識
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません.
習得できる知識
1.車載製品の品質保証の考え方を修得、製品品質保証上のポイントの理解、電子部品の品質保証強化するための仕組み
2.車載製品と民生品は何が異なるのか
3.電子製品で不具合をださないためには、どのようなことに気を付ければよいか
4.電子製品、電子部品で不良が発生したら場合、どのように対応したらよいのか
趣旨
 自動車のエレクトロニクスは、年々大規模化・複雑化してきました。今後、電動化や自動運転化もあり、電子製品の信頼性に対する要求は一層増していきます。車載用電子製品及びそこに使われる電子部品の品質を担保する為には、設計段階や生産準備における充分な検討はもちろん、量産時の日々の適切な管理、及び問題発生時の的確な対処なども必要不可欠です。
 本講演は、自動車部品メーカーで長年、電子製品の品質業務に携わってきた講師が、豊富な実務経験を基に品質保証のポイント(含む電子部品の壊れ方、不良流出防止策)を分かりやすく解説し、職場で役立つ知識の習得を目指します。
プログラム

1.電子製品の品質保証の取り組み
 1-1 カーエレクトロニクスの進展
  (1) カーエレクトロニクスの変遷
  (2) カーエレクトロニクスの課題
  (3) カーエレクトロニクスの進展
 1-2 電子製品の品質保証
  (1) なぜ車載製品の品質は厳しいのか
  (2) 品質を取巻く環境変化
  (3) 使われる環境の違いと要求
  (4) 車載製品の現状(製品の品質は部品の品質に左右される)
  (5) 製造工程(車載向けと民生向けの違い)
  (6) 製品品質保証上のポイント
   ・はんだ付け部の保証
   ・静電気対策
   ・ソフトウェア書き込み保証
   ・トレーサビリティ
   ・不良発生時の対応

2.電子部品の品質保証の取り組み
 2-1 電子部品の使われ方
 2-2 電子部品の品質保証の取り組み
  (1) 部品選定段階…量産前活動
  (2) 不具合発生時…量産後の活動
  (3) 不具合をださないために
     仕入れ先指導について(自社工程内不良にも適応可能)
  (4) 車載用と民生用の電子部品の違い
  (5) 電子部品の不具合事例紹介

3.電子部品の基礎知識
 3-1 電子部品の種類
 3-2 電子部品の構造
 3-3 部品製造工程概要
 3-4 電子部品使用上の注意点
   
4.演習(不具合対応)
 【演習と解説】 
  不具合発生に対して問題解決のために実施すべき事項の詳細について、
  ケーススタディをもとにした演習を通じ、深く学ぶ。

キーワード
電子製品,電子部品,品質保証,カーエレクトロニクス,基礎,不具合,セミナー,講演,研修
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索