ホーム > セミナー > UV硬化の基礎、硬化不良対策、影部のUV硬化

UV硬化の基礎、硬化不良対策、影部のUV硬化

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
UV硬化
セミナーNo.
cmc200407  
開催日時
2020年04月16日(木)10:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア B1F
価格
非会員: 52,800円(税込)
会員: 47,300円(税込)
学生: 52,800円(税込)
価格関連備考
1名につき 52,800円(税込)※ 資料・昼食付

メール会員登録者は 47,300円(税込)
 ★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

受講対象・レベル
UV硬化の基礎、光開始剤について学びたい人であれば誰でも。有機化学、高分子化学の基礎を知っていることが望ましいが、必須ではない
習得できる知識
UV硬化反応の基礎知識、UV硬化の最新情報、開始剤の選び方、硬化不良対策、影部のUV硬化
趣旨
 光硬化技術にとって、光開始剤は極めて重要なアイテムである。これらの性能によってUV硬化材料の硬化特性が決まってしまうといっても過言ではない。さらに、光開始剤と光源とのマッチングも重要である。本セミナーではUV硬化反応の基礎について、光開始剤の特性と硬化機構の両面から解説する。
 最新のトピックスとして、演者らが開発した新規な光ラジカル重合開始システム、ノンアウトガスタイプの光塩基発生剤、高感度な光強塩基発生剤、および光潜在性チオールとその応用についても紹介したい。さらに、酸・塩基増殖反応を利用した“光化学+熱化学反応”をはじめとする様々な高感度化および影部分の硬化不良対策の手法についてもわかりやすく解説する。
プログラム
1. UV硬化に必要な光化学の基礎
 1-1. UV硬化に必要な光化学の基礎
 1-2. 光源の選択

2. 光開始剤
 2-1. 光ラジカル重合開始剤の特性とUV硬化への応用
 2-2. 光酸発生剤の特性とUV硬化への応用
 2-3. 光塩基発生剤の特性とUV硬化への応用
  2-3-1. 第1級、第2級アミン発生系
  2-3-2. 第3級アミン、強塩基発生系
 2-4. 光潜在性チオールの特性とUV硬化への応用

3. カスケード式化学を利用した影部分のUV硬化
 3-1. 酸増殖剤の開発と応用
 3-2. 塩基増殖剤の開発と応用
 3-3. 連鎖硬化剤を利用したUV硬化
 3-4. フロンタル重合系
 3-5. 光塩基発生剤を利用したレドックス開始重合系

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ