ホーム > セミナー > UV硬化技術の総合知識

~基礎、材料選定、配合、硬化収縮・硬化阻害等の不具合対策、用途展開~

UV硬化技術の総合知識

メカニズム、硬化材料の種類・その選択指針、配合設計のノウハウ、、、
実際に使用すると遭遇する不具合の具体的な解決策をQ&Aで解説
UV硬化技術を用いるうえでこれだけは知っておきたい内容

セミナー概要

略称
UV硬化
セミナーNo.
st171213  
開催日時
2017年12月12日(火)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 6F 中会議室
講師
日本ペイント・インダストリアルコーティングス(株) 第二塗料事業本部 FP技術部 リーダー 工学博士 肥田 敬治 氏
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学校関係者: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
・UV硬化のメカニズム
・UV硬化における硬化材料の種類とその選択指針、配合設計のノウハウ
・UV硬化材料とのマッチングを考慮した光源の選択指針
・UVV硬化における各種評価方法
・UV硬化で発生する不具合とその具体的な解決方法
趣旨
 UV硬化材料は無溶剤化が可能であることを活かした環境への配慮や速硬化性を活かした生産性の向上など数多くの長所を有しており、様々な分野で幅広く用いられている。しかし、実際に使用するにあたって、色々な不具合(酸素による硬化阻害や硬化収縮による密着不良など)に遭遇する場合がよくある。
 本セミナーでは、初心者にも理解しやすいようにUV硬化の基礎から始め、各種材料や装置の特徴と選択指針を提示する。よく起こる課題や疑問に対し、具体的な例を示した解決方法を中心に解説する。
プログラム
1.UV硬化材料の概要
 1.1 UV硬化の歴史
 1,2 UV硬化材料の特長
 1.3 UV硬化と熱硬化
 1.4 UV硬化材料の課題

2.UV硬化反応とそのメカニズム
 2.1 反応機構
  2.1.1 UV硬化の化学と材料
  2.1.2 紫外線の作用
  2.1.3 電磁波エネルギー
  2.1.4 Jablonski Diagram
  2.1.5 ラジカル発生とポリマー化
 2.2 硬化に及ぼす各種要因の影響

3.UV硬化装置
 3.1 UVランプの種類・特徴と照射方法
 3.2 反射板の種類と形状

4.UV硬化の主要成分
 4.1 モノマー、オリゴマーの種類・特性と選択
 4.2 プレポリマーの種類・特性と選択
 4.3 光重合開始剤、増感剤の種類・特性と選択

5.UV硬化材料の課題と対策
 5.1 酸素による硬化阻害(プロセス面からのアプローチと配合面からのアプローチ)
  5.1.1 不活性ガス中での硬化
  5.1.2 アミンの添加
  5.1.3 光重合開始剤の組み合わせ
  5.1.4 チオール・エン硬化系
  5.1.5 構造による特徴
 5.2 硬化収縮
  5.2.1 アクリル当量、ガラス転移温度と硬化収縮
  5.2.2 硬化形式と硬化収縮
  5.2.3 無機物の添加と硬化収縮
  5.2.4 無機物とチオール・エン硬化の組み合わせ

6.よくある質問 ~UV硬化不良対策Q&A~
 ・反りを減らすための樹脂設計とは?
 ・いろいろな膜厚に対する開始剤添加量の目安は?
 ・最適な開始剤の組み合わせ方と添加量は?
 ・硬化速度と開始剤の濃度の関係とは?
 ・光の届かない部分(影)を硬化させるには?
 ・照射強度とひずみの関係は?
 ・表面と内部の硬化割合を均一にするには?
 ・硬化収縮量の測定方法は?
 ・ラジカルとカチオン、収縮の小さい方は?
 ・硬化阻害による表面硬度低下の対策は?
 ・UV照射過程で発生する臭いの対策とは?
 ・反応率をあげるには?
 ・水性UVの性能は?
 ・UV‐LEDの特徴は?

7.UV硬化材料 最近のトピックス

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ