ホーム > セミナー > マイクロオーダーの水滴も判別結露・湿潤センサー徹底解説

~湿度計では測れない、水分の質まで評価可能なモイスチャーセンサ~

マイクロオーダーの水滴も判別結露・湿潤センサー徹底解説

初期の結露さえも検出可能な新しいセンサを徹底解説。
センサチップの作成から計測システムの構築例まで、センサの作成と利用に役立つ情報を提供します。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
湿度・結露
セミナーNo.
st180419  
開催日時
2018年04月25日(水)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5F 第1講習室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学生: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

趣旨
 結露はガラスの曇りやカビの発生、金属のサビなどを引き起こす。その対処・対策のためには、結露の検知を必要する場合があるが、既存の湿度センサーでは結露の発生を検知することは原理的に不可能であり、市販の結露センサーでは初期の結露を正確に検出することはできない。本講演者が開発しているモイスチャーセンサーは環境中の湿気に由来するマイクロオーダーといった微小な水滴を感度・高精度・小型・高速に検出できるとともに、その大きさの違いや時間毎の変化を判別することができる。そのため、本センサーを用いることで、結露や湿潤の発生やその程度を検知することが可能になる。さらに、このセンサーを用いることで、結露や湿潤以外にも人や物から放出される微小な水分を検出・判別することが可能となる。本講演では、モイスチャーセンサーの測定原理、半導体加工技術を用いたチップ作製、計測システムの構築例、実測例とアプリケーション例、センサーの提供(利用)方法について、解説する。
プログラム
1.結露について
 1.1 結露に起因する様々な現象・影響
 1.2 結露の発生原理・機構
 1.3 結露対策・処置

2.既存の結露関連計測技術の比較
 2.1 湿度計・湿度センサ
 2.2 結露検出器
 2.3 大気腐食モニタリングセンサ
 2.4 露点計
 2.5 粒度分布計
 2.6 その他

3.モイスチャーセンサ
 3.1 測定原理
 3.2 センサーチップの作製方法
 3.3 センサーシステムのセットアップ例
 3.4 微小水滴の検出
 3.5 微小水滴の大きさ判別
 3.6 検出感度と判別精度
 3.7 応答速度
 3.8 結露と露点
 3.9 アプリケーション例
 3.10 センサーの提供(利用)

  □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ