ホーム > セミナー > 【マイクロリアクターで生産革新へ】マイクロ化学プロセス技術による生産性の向上 ~マイクロ流路を正しく理解しコントロールする~

★ はじめよう、マイクロリアクター。
★ 100ミクロン程度の微細流路を流通式反応装置として利用する、マイクロ流路・マイクロ化学プロセス技術を解説!
★ 大量生産設備の考え方、ナンバリングアップ法、イクオリングアップ法とは!?「効果的な英語表現」基礎とともに、国際交流の場で使える「英会話力」を身につけたい方へ。

【マイクロリアクターで生産革新へ】マイクロ化学プロセス技術による生産性の向上
~マイクロ流路を正しく理解しコントロールする~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
マイクロリアクター
セミナーNo.
st181006  
開催日時
2018年10月12日(金)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
東京流通センター 2F 第5会議室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学生: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
   (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
マイクロリアクタの解析に必要な化学工学の知識
マイクロリアクタに特有の特性に関する理解と活用方法
生産プラントを構築する際の考え方
趣旨
 化学反応を効率よく進行させるためのキーファクタとしては、化学的な事項ももちろん多いが、混合や冷却といった物理的な操作の改善が重要であるケースも多い。マイクロ化学プロセス技術とは、マイクロ流路、すなわち100ミクロン程度の微細な流路を流通式反応装置として利用するもので、これらの物理的な操作を効率的に行うことができる。すでに多くの反応で収率向上などの効果が確認され、多くの企業が応用研究に取り組んでいる。
 本講座ではマイクロ流路の特性を理解するために必要な化学工学の基礎知識を簡単に復習したうえで、マイクロ流路の特性についての講義を行う。さらにマイクロ化学プロセス技術による生産プラントの考え方を述べる。
プログラム
1.マイクロリアクタ入門
 1.1 外観と構成
 1.2 応用事例紹介
 1.3 実験装置・周辺機器

2.マイクロリアクタを理解するための化学工学
 2.1 流体力学のポイント
 2.2 反応工学のポイント
 2.3 拡散・伝熱現象のポイント
 2.4 単位操作とは何か
 2.5 マイクロリアクタの「単位操作」

3.マイクロ流路の特性と解析
 3.1 マイクロ流路内の流動
 3.2 マイクロ流路内の拡散と混合
 3.3 気液流れの制御と流動特性
 3.4 液液流れの制御と流動特性
 3.5 異相間物質移動
 3.6 熱移動
 3.7 反応の制御
 3.8 シミュレーション
 3.9 無次元数による解析

4.マイクロ化学プラント
 4.1 マイクロリアクタが有効となるケース
 4.2 大量生産設備の考え方
 4.3 ナンバリングアップ法
 4.4 イクオリングアップ法
 4.5 大型装置の事例

5.まとめ

  □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ