ホーム > セミナー > 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望

分解機体を見て触って体感。これが車載電子機器の中身だ!

最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望

※会場変更 5/22 
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 → 江東区文化センター 4F 第2、3会議室に変更いたします。

セミナー概要

略称
車載電子機器分解
セミナーNo.
開催日時
2019年05月31日(金)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 4F 第2、3会議室
講師
(株)フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ ディレクター 柏尾 南壮 氏
【専門】
モバイル機器・車載機器の分解調査・原価推定
【活動】
一般社団法人 日本スマートフォンセキュリティ協会会員
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
  また、当日学生証をご持参ください。
特典
分解レポート作成時に撮影した画像の多くをDVDを配布します
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

趣旨
2016年から2018年に発売された様々な車載機器の分解結果を報告します。少し前の世代と比較した場合の電子部品搭載傾向の変化やトレンド、および推定原価を解説します。また分解した車載機器の一部を展示し、自由に実物に触れ写真撮影ができます。さらに実物展示ができなかった機器や写真撮影のし忘れに備え、分解レポート作成時に撮影した画像の多くをDVDで提供します。
プログラム
1.車載関連 海外展示会情報
  1-1 Smart Automotive Summit(台湾)
  1-2 Electronica Automotive Conference(ドイツ)
  1-3 ほか
2.電子部品市場の概況
3.ADAS技術
4.Semicon West講演資料より日産リーフ分解の目立った点
5.電子部品需給逼迫の原因としての自動車を考える
6. 車載部品分解報告

  6-1 ADAS各種
  6-2 メルセデスベンツ用ミリ波レーダー
  6-3 メルセデスベンツ E-Class用ADASシステム(6眼カメラ)
  6-4 Toyota Safety Sense P
   (ミリ波レーダー、センチ波レーダー、単眼カメラ)
  6-5 ダイハツ ミラ・イース用ステレオカメラ
  6-6 日産リーフ車両接近通報装置
  6-7 VOLVO社LiDAR
  6-8 クラスタ
   ・Audi TT Coupe フル液晶クラスタ
   ・日産リーフ クラスタ
   ・日産セレナ Pro Pilot対応クラスタ
  6-9 インフォテインメント
  6-10 自動駐車
   ・Volvo XC90用アクティブ・パーク・アシスト
    (アラウンド・ビュー・モニター)
   ・日産リーフ アラウンド・ビュー・モニター
  6-11 電子ミラー
  6-12 Gentex フル液晶自動防眩ミラー
  6-13 日産リーフ インテリジェント・ルーム・ミラー
  6-14 ヘッドライト
   ・Audi LEDヘッドランプ g) ヘッドアップディスプレイ
   ・BMW用ヘッド・アップ・ディスプレイ・ユニット
   ・Lexus ヘッド・アップ・ディスプレイ
  6-15 無線通信装置
   ・Mazda Demio Connectivity Unit
   ・Lexus搭載TCU
   ・Infinity搭載TCU
   ・Acura搭載TCU
キーワード
車載,機器,問題点,知財,ディスプレイ,レポート,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ