ホーム > セミナー > パーティクルカウンタを正しく使いこなすための基礎知識と活用法 【名古屋開催】

パーティクルカウンタを正しく使いこなすための基礎知識と活用法 【名古屋開催】

~液中・気中における計測・測定ノウハウ~

セミナー概要

略称
パーティクルカウンタ【名古屋開催】
セミナーNo.
開催日時
2019年11月06日(水)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ウインクあいち 10F 1006
講師
スペクトリス(株) PMS事業部 アプリケーションマネージャー 加藤 和年 氏
スペクトリス(株) PMS事業部 シニアセールスマネージャー 竹下 光教 氏
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

※講師と同業者・同業種の方については、受講をお断りする場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
パーティクルカウンタの基本動作原理
パーティクルカウンタの使用方法
パーティクルカウンタを使用する際の注意点
ISO21501の要求事項について

趣旨
 クリーンルーム内の維持管理や超純水および薬液に含まれる不溶性微粒子を測定する際に、気中および液中パーティクルカウンタを利用するのは、非常に有効な手段ですが、装置の動作原理および測定の際の注意点を理解することで、より効果的な運用を行うことが出来ます。 本セミナーでは気中および液中パーティクルカウンタの動作原理および注意点等を解説いたします。 
プログラム
1.パーティクルについて
 1-1.球体の等価測定
 1-2.粒子径の同定
 1-3.光の散乱
 1-4.粒径分布

2.光学パーティクルカウンタについて
 2-1.気中パーティクルカウンタの原理
 2-2.気中粒子の動き
 2-3.粒子搬送損失のメカニズム
 2-4.液中パーティクルカウンタの原理
 2-5.光遮蔽式パーティクルカウンタについて
 2-6.光散乱式パーティクルカウンタについて
 2-7.測定方法の違いについて
 2-8.全量測定方式
 2-9.部分測定方式
 2-10.全量測定方式の製品群について
 2-11.部分測定方式の製品群について
 2-12.パーティクルカウンタの検出限界

3.装置校正について
 3-1.光散乱式粒子計数器の原理
 3-2.ISO21501 要求事項

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ