ホーム > セミナー > 初心者のための多変量解析【PC実習付】

1月、2月連続開催!
PC実習を交えながら多変量解析を丁寧に解説!

初心者のための多変量解析【PC実習付】

~重回帰分析、ロジスティック回帰分析、決定木・ランダムフォレスト~

セミナー概要

略称
多変量解析
セミナーNo.
開催日時
2020年01月31日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F
講師
(株)すうがくぶんか 教務部 部長補佐 伊集院 拓真 氏
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
持参物
*本セミナーではPC実習がございます。ノートパソコン(統計ソフトRを予めインストールしておいてください。)をご持参ください。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
統計分析を業務で活用したいすべての方。
必要な予備知識
統計的仮説検定についての基礎的な知識。
習得できる知識
多変量解析の代表的な手法について,用いられている数学を理解し正しく適用できる。
実際のデータに対してRによる分析を実行し,結果を読み解くことができる。
趣旨
大量のデータを分析し、複数の変数間の関係を見つけ出す一連の手法を多変量解析といいます。 これは、データが大規模に複雑化している現代において、データ分析によって有益な知見を得るために必須のツールです。
多変量解析による分析を実行するには、人間が手計算できないほどの複雑で大量の計算を必要とするものが多くあります、R言語を用いればこのような計算も即座に行うことができます。計算能力の向上は多変量解析が重要性を増している一因でもあります。
本セミナーでは、まず多変量解析の手法の数学的な仕組みについて解説を行い、次にR言語を用いて実際に分析を行います。
理論と実践の両面から理解を深めることで、手法の正しい理解の下に分析結果を読み解き、分析結果を評価できるようになることが目標です。
多変量解析の様々な手法の中から、重回帰分析、ロジスティック回帰分析、決定木とランダムフォレストをご紹介致します。
プログラム
次月には2回目の多変量解析講座も開催します。詳細は下記プログラム内よりご確認ください。

2月の多変量解析(主成分分析、因子分析、クラスター分析)セミナーのみ受講される方は下記よりご覧ください。
https://www.rdsc.co.jp/seminar/200246

2日間のセミナー受講される場合は下記よりお申込みください。
https://www.rdsc.co.jp/seminar/200174

1. 重回帰分析
 1-1.重回帰分析の概要
  (1) 最小二乗法
 1-2.Rによる実行
  (1) 結果の解釈
  (2) 精度の検証とモデルの検討
2. ロジスティック回帰
 2-1.ロジスティック回帰の概要
  (1) ロジスティック関数
  (2) 最尤法
 2-2.Rによる実行
  (1) 結果の解釈
  (2) 精度の検証とモデルの検討
3. 決定木とランダムフォレスト
 3-1.決定木の概要
  (1) 不純度
 3-2.決定木のRによる実行
  (1) データロバストでない
 3-3.ランダムフォレストの概要
 3-4.ランダムフォレストのRによる実行
  (1) 結果の確認と検討
  (2) 変数重要度
キーワード
多変量解析,重回帰,ロジスティック,決定木,ランダムフォレスト,PC実習,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ