ホーム > セミナー > 変形性関節症の現状、臨床試験のポイント/求める新薬像

関節リウマチなど他疾患との鑑別・評価や、薬剤選定のポイントとは?

変形性関節症の現状、臨床試験のポイント/求める新薬像

~新規治療薬のニーズはどこか?病因・病態を理解し、治療薬開発へのヒントを探る~

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策について(3/16更新)

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
変形性関節症
セミナーNo.
200495  
開催日時
2020年04月23日(木)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 49,500円(税込)
価格関連備考
会員登録していただいた場合、49,500円(税込)から46,200円(税込)に割引になります。
会員登録とは?⇒よくある質問
備考
資料付き

講座の内容

習得できる知識
・変形性関節症の基本から応用分野まで理解できる
・病因、病態の理解から治療戦略まで理解できる
・今後の展望について一緒に考える機会となる
趣旨
現在我が国ではおよそ3000万人の方が変形性膝関節症に苦しんでおられます。変形性膝関節症は要支援疾患の第一位です。従ってその病因、病態を理解することは大変重要です。
本講演会では膝のみならず、他の部位の変形性関節症全般に関するお話をいたします。
プログラム
 1.変形性関節症の病因、病態
  ・変形性関節症の病因
  ・変形性関節症の病態
  ・変形性関節症と他疾患の鑑別、評価方法
  ・微小骨折は変形性関節症の病因か?

 2.変形性関節症の薬物、手術療法
  ・一般的な薬物療法:現在使用している薬剤の選択のポイント
  ・ヒアルロン酸製剤:アルツ、スベニール、サプリメントについて
  ・高齢者、関節リウマチ合併ケース、多剤使用の場合について
  ・一般的な手術療法:私の手術療法を含めて
  ・再生医療など最近の流行について

 3.医師から見た臨床試験のポイント
  ・変形性膝関節症被験者の選定、集め方
  ・適切なエンドポイントの設定
  ・有害事象判定は何を見るか
   →現在進行中の臨床試験を踏まえて

 4.変形性関節症の今後の展望
  ・上記1-3をふまえて今後の展望についてお話したい
  ・臨床現場が求める新薬像

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
変形性関節症,再生医療,疼痛,リウマチ,治験,研修.講習会.セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ