ホーム > セミナー > 5G、IOT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法

5G、IOT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策について

※本セミナーはLIVE配信も実施する予定です。職場や自宅で受講したい方はこちらからお申し込みください。

セミナー概要

略称
5G用アンテナ
セミナーNo.
開催日時
2020年09月04日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
講師
横浜国立大学大学院 教授 工学博士 新井 宏之 氏

【専門】
 電磁波工学

【略歴】
 1987年 東京工業大学理工学研究科博士課程修了(工学博士)
 同年 同大工学部助手
 1989年 横浜国立大学工学部講師
 1991年 同大助教授  
 2002年 横浜国立大学教授, 現在に至る

【主な活動など】
 移動体通信用システム、アンテナ、マイクロ波回路に関する研究に従事
 2009-2010年 IEEE AP-S Japan Chapter Chair
 2013-2014年 電子情報通信学会アンテナ・伝播研究専門委員会 委員長
 1997年、2006年、2011年 電波産業会 電波功績賞
 2009年 電子情報通信学会通信ソサエティ フェロー
 2013年 IEEE Fellow
 “Measurements of Mobile Antenna Systems”(Artech House)
 “新アンテナ工学”(総合電子出版社)
 “電波工学基礎シリーズ”(朝倉書店)
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
15名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
 最新の無線システムの設計・開発に技術に携わる方、今後新規に参入を目指す方を対象にした最新のアンテナ技術の習得を目的とした初級者・中級者向けセミナー。
習得できる知識
・アンテナ理論
・アンテナの設計指標
・アンテナの評価項目
・アンテナの実装手法
・アンテナの測定法
趣旨
 本格的な導入が始まった5Gや全てのものを無線で繋ぐIoT等最新の無線システムが開発されつつある。無線装置の中で電波の出入り口となるアンテナは、従来から経験を積んだ技術者によるノウハウが凝縮されたものとしてのイメージが強い。しかし、近年のシミュレーション技術の発展や人工的な材料の開発によって、アンテナ設計の自由度が増している。本講座では最新の無線システムに適用可能なアンテナの設計開発のための理論と実例、また、その評価法としての測定技術について解説する。
プログラム
1.小形アンテナの理論
 1-1 電磁波の振る舞いと波源からの放射
 1-2 アンテナの評価指標
 1-3 アンテナの設計指標
 1-4 アレイアンテナ
 1-5 アンテナの基本測定法
 
2.小形アンテナの理論と実際
 2-1 アンテナ小型化の理論的限界値
 2-2 小形アンテナの分類法
 2-3 アンテナの小型化手法
 2-4 小形アンテナの実例
 2-5 アンテナ用材料

3.小形アンテナの実装法
 3-1 筐体への取り付け法とアンテナ特性
 3-2 筐体モードの理論
 3-3 筐体モードの抑制と利用法
 3-4 アンテナ周辺環境の取り込み手法
 3-5 マルチアンテナの実装と評価法

4.小形アンテナの評価と測定法
 4-1 入力インピーダンスと放射指向性の測定
 4-2 アンテナの放射効率とその評価法
 4-3 OTA(Over The Air)測定
 4-4 アンテナ間相互結合と相関係数の測定
 4-5 ファントムを用いた人体への影響の評価法

5.5G、IoT対応アンテナ技術

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
アンテナ,小型,小形,5G,IoT,通信,設計,実装,測定,評価,研修,講座,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ