ホーム > セミナー > 量子コンピューターの最新動向とビジネス活用の可能性

量子コンピューターの最新動向とビジネス活用の可能性

~ 基礎的な知識から近未来までの情報を網羅 ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
量子コンピューター
セミナーNo.
cmc200603  
開催日時
2020年06月11日(木)13:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 46,200円(税込)
会員: 36,300円(税込)
学生: 46,200円(税込)
価格関連備考
1名につき 46,200円(税込)※ 資料付
★【ライブ配信】のみの開催に変更し、受講料を 値下げしました!

メール会員登録者は1名につき、36,300円(税込)
★【メール会員特典】ウェビナー開始キャンペーン中につき、通常の特典(2名目無料、3名目以降半額)は適用外となりますが、 「定価の20%引」でご参加いただけます。
備考
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・事前配布資料は、当日までに届くように事前に郵送をいたします。開催日時に間に合わない場合には、後日郵送するなどの方法で対応いたします。
・講師に了解を得た場合には資料をPDFで配布する場合もございますが、参加者のみご利用に限定いたします。他の方への転送、WEBへの掲載などは固くお断りいたします。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・「Zoom」についてはこちら↓をご参照ください。
       https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
※受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

講座の内容

受講対象・レベル
量子コンピューターの基礎を知っておきたい、またはビジネスでの活用を探りたいという技術者、営業、マーケティング担当者等
習得できる知識
① 量子コンピューターの基礎知識
② ビジネスでの現場での活用方法
③ 世界と日本の取り組み状況
④ 最新動向と今後の可能性
趣旨
次世代のコンピューターとして、量子コンピューターへの期待が高まっています。背景の一つとして、トランジスタの集積度が1年半~2年ごとに2倍になる「ムーアの法則」の終焉が近づいているということが挙げられます。新たなチャンスを求めて多くのメーカーによる開発競争が繰り広げられているほか、米国や中国など、国家レベルの取り組みも盛んになってきました。すでに商用サービスとして提供される量子コンピューターも登場しています。つまり、未来の技術ではなく、活用可能な技術であり、現時点においてもビジネスに適用できる状況にあるということです。とはいえ、量子コンピューターの概念の難しさから、多くの人にとって近づきがたい存在であることも確かで、研究開発とビジネス活用の間に大きな溝があるのも確かです。そこで本セミナーでは、基礎的な知識から近未来までの情報、ビジネス活用でのヒントなどを難しい数式を使わずにやさしく解説します。
プログラム
1.量子コンピューターの基礎 
 1.1 なぜ、量子コンピューターが注目されているのか 
 1.2 量子とは何か 
 1.3 今までのコンピューターとどう違うのか 
 1.4 どのような仕組みなのか 
 1.5 セキュリティ対策が無意味に!? 
 
2.量子アニーリング方式と量子ゲート方式 
 2.1 二つの方式について 
 2.2 量子アニーリング方式 
 2.3 量子ゲート方式 
 2.4 NISCについて 
 2.5 主要メーカーの動向 
 2.6 各国の取り組み 
 
3.ビジネスでの活用 
 3.1 量子アニーリング方式 
 3.2 量子ゲート方式 
 
4.どんな人材が必要になるのか 
 4.1 必要とされる人材 
 4.2 開発ツール 
 
5.最新動向と今後の方向性 
 5.1 注目は量子超越性 
 5.2 求められる新たな発想力 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ