ホーム > セミナー > 発明の発掘と発明提案書作成の実践スキル【WEBセミナー】

発明の発掘と発明提案書作成の実践スキル【WEBセミナー】

~技術課題解決による発明認識から権利化まで~

◇本セミナーは、「会場受講」の他、「ライブ配信」、「アーカイブ配信」がございます◇

「会場受講」をお申込みしたい方はこちらからお申し込みください。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
発明提案書【WEBセミナー】
セミナーNo.
ssk201103w  
開催日時
2020年11月05日(木)14:00~17:00
主催
(株)新社会システム総合研究所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
自宅や職場など世界中どこでも受講可 
価格
非会員: 33,440円(税込)
会員: 33,440円(税込)
学生: 価格未設定
価格関連備考
1名につき 33,440円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
※ご希望の受講方法(「ライブ配信」または「アーカイブ配信」)を備考欄にご記入ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを
   お送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
<3>録音・録画、撮影については固くお断りさせていただきます。
<4>視聴リンク(URL)は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。
   不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~10日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
<4>視聴リンク(URL)は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。
   不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
<5>質疑応答は原則として収録動画からカットされます。

講座の内容

受講対象・レベル
●企業の技術開発者、事業企画担当者で知的財産の創出、戦略策定を行いたい方
●知的財産担当者で技術者の立場から知識を深めたい方、社内知財人材育成を企画する方
●スタートアップ、ベンチャー・中小企業で知的財産の強化を考えている方
習得できる知識
●知的財産の概要、権利化、活用基礎知識を振り返る
●発明の捉え方・認識、クレーム作成、発明提案書の書き方の実践を習得する
趣旨
 事業活動に知的財産が重要であることは誰しも理解するところである。しかし、実際の技術開発者や企画担当者、および近年発展の目覚ましいスタートアップ創立者などが実践的に身に付けるべき内容をパッケージ化した講座は少ない。
 本セミナーは、講師の大手企業R&D開発リーダーおよび知財人材育成における経験と、現在大学起業家教育を担当する立場から、演習を交えながら実践スキルが身に付くようにしたものである。日常の開発業務で行っている課題の解決から発明の本質を認識・発掘し、権利化すべき部分をクレームとして特許担当者との発明の共有、権利の最大化ができるようにする。これにより、技術開発の初期から発明を意識し、強い特許取得と効率的な拒絶対応ができ、第三者の参入障壁を最小限のコストで最大化する人材を育成する。
プログラム
1.知的財産の基礎
 (1)知的財産と意義
   知的財産権全体の概説と、企業の経営資源としての知的財産権の意義を認識する。
 (2)特許法のエッセンス
   知的財産権のうち特許について法目的と効力、特許されるための要件を知る。

2.発明の発掘
 (1)課題解決と発明性の認識
   製品・サービスの課題解決から発明性を認識することを理解する。
 (2)発明の発掘と捉え方
   発明の本質を捉えてクレームとして権利化できる部分を発掘するスキルを取得する。
 (3)発明提案書の考え方
   発明の本質を正しく反映するための発明提案書の書き方を学ぶ。

3.特許の権利化
 (1)拒絶対応の本質
   審査過程の拒絶対応まで見込んだ提案書を考える。
 (2)対応策のバリエーション
   権利化するための戦略をいくつかのパターンで考える。

4.質疑応答

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ