ホーム > セミナー > 明日からできるスパースモデリングの基礎、実践・実装技術

~スパースモデリングと機械学習の融合~

明日からできるスパースモデリングの基礎、実践・実装技術

機械学習の流行によりデータの重要性、その破壊力はわかったけど、
豊富なデータ無い場合、少ない情報しかない場合、どのようにしてデータの正しい姿を見いだすのか。
スパースモデリング、圧縮センシング、L1ノルム、辞書学習、スパース性、、、、
機械学習・センシングへの展開とその技術・実装手法

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
スパースモデリング
セミナーNo.
st180105  
開催日時
2018年02月20日(火)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
連合会館(旧:総評会館) 5F 502
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学校関係者: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
スパースモデリングの数学的背景・気持ち、プログラムの組み方。
趣旨
 スパースモデリングで何ができるか、どうやってやるのか、数式が苦手だとしても、その一つ一つの意味、アルゴリズムとの関係が全てわかる!自分の手で明日から始めたくなるような講座にします!
プログラム
1.スパースモデリングとは
 (1).物事の本質をとらえるスパース性
  複雑な事象も実はそれを支配している背景にあるものは実は単純なのではないか?そう思うことがあるかと思います。
  それを取り出すことができないか?それがスパースモデリングで目指すことです。
 (2).オープンデータでの識別
  いろんなデータを入れて、どのように識別ができるか、ニューラルネットワークの威力を見ていきます。
 (3).どのファクターが重要か:特徴量選択
  いろいろな特徴量を入力して識別がうまくできるようになったものの、本当に重要な特徴量はどれだったのか?
  自動的に選択してくれる方法はないだろうか?そんな時に利用されるのがL1ノルムです。

2.重要なファクターを見つけるL1ノルム
 (1).なぜL1ノルムはスパースな解を選択するか
  L1ノルムを利用するとスパースな解を選び、重要なところ、重要ではないところを選択してくれます。
  その理由はなぜか、簡単に図解して紹介します。
 (2).L1ノルムで当てる方程式の解
  スパースな解を選ぶことができるL1ノルム、その性質を利用すると解けないはずの方程式の解を解くことができます。
  その利用方法である圧縮センシングについて紹介します。
 (3).圧縮センシングの画像分野での応用例:見えないものが見えるとき
  圧縮センシングを利用すると特に画像の分野で顕著な計測の革命を引き起こすことができます。
  足りない情報から見えないものを引き出すその威力を実際にライブコーディングしながら示します。

3.辞書学習
 (1).スパースな問題にする方法
  スパースな解が正解であればいいけれども、そうではない場合はどうするのか?多くの問題はスパースではありません。
  そんな問題でもスパースな解を持つ問題に変えるための良い工夫。それが辞書学習です。
  ライブコーディングしながら紹介します。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ