ホーム > セミナー > 5Gや自動車搭載レーダーなど高周波数帯に活用される材料の誘電率・透磁率測定方法- 測定デモ付 -

5Gや自動車搭載レーダーなど高周波数帯に活用される材料の誘電率・透磁率測定方法- 測定デモ付 -

※日程、会場(フロア)が変更になりました(3/4更新)
 ■日程変更: 3月9日(月)→ 6月25日(木)
 ■会場変更: 連合会館 502会議室 → 205会議室

セミナー概要

略称
5G用材料
セミナーNo.
stb200303  
開催日時
2020年06月25日(木)13:00~16:30
主催
S&T出版(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
東京・千代田区駿河台 連合会館 205会議室
講師
キーコム(株) 分析部 部長 博士(理学)
田口 実 氏

【略歴】
2007年慶應義塾大学大学院博士課程修了(博士(理学))
2017年より現職
価格
非会員: 45,100円(税込)
会員: 43,000円(税込)
学生: 45,100円(税込)
価格関連備考
45,100円 (Eメール案内希望価格:1名43,000円,2名45,100円,3名66,000円)
※資料付
※Eメール案内を希望されない方は、「45,100円×ご参加人数」の受講料になります。
※Eメール案内(無料)を希望される方は、通常1名様45,100円から
 ★1名で申込の場合、43,000円
 ★2名同時申込の場合は、2名様で45,100円(2人目無料)
 ★3名同時申込の場合は、3名様で66,000円
 ★4名以上同時申込の場合は、3名様受講料+3名様を超える人数×19,800円
※2名様以上の同時申込は同一法人内に限ります。
※2名様以上ご参加は人数分の参加申込が必要です。
 ご参加者のご連絡なく2名様以上のご参加はできません。

講座の内容

趣旨
5G用材料の電気的特性(誘電率、誘電正接)の測定方法について、Sub6GHz、28GHz、またミリ波帯といった各周波数帯に適したものをご紹介します。デモ機を準備し、実際に測定しながら具体的な説明をし、ご質問にお答えいたします。
プログラム
0. キーコム株式会社概要
1. 材料の電気・磁気的特性評価
2. 高周波領域の利用

 2-1 5G
 2-2 自動車
3. 材料の状態
4. 各種目的による測定要求
5. 測定方法の種類
6. 電気・磁気的特性にかかわる材料
7. 用語、規格など
8. 遠方界測定方法
9. 方形導波管規格表
10. 周波数変化法(デモ測定)

 10-1 透過・反射減衰量測定
 10-2 フリースペースSパラメータ法
11. 斜入射法
12. 電波吸収材料開発時シミュレーション
13. 開放型共振器法(デモ測定)

 13-1 半球面型開放型共振器法
14. プローブ法
15. 導波管Sパラメータ法(デモ測定)

 15-1 導波管
 15-2 同軸管
 15-3 シールド効果
 15-4 ケーブル用シールド効果
16. ストリップライン共振法
17. 空洞共振器摂動法
18. 透磁率測定方法

 18-1 透磁率測定
 18-2 誘電率測定
 18-3 近傍界ノイズ抑制シート測定
 18-4 ESR
19. 高周波領域測定方法まとめ
20. 生産ライン向け装置開発

 20-1 RAS仕様エンブレム測定装置
 20-2 ミリ波透過検査装置
 20-3 各種問題点の解決法
 20-4 電波吸収測定装置
 20-5 誘電率測定について
 20-6 その他品質管理への利用
 20-7 出荷に際して
21. 補足
 21-1 製品、システム、その他
 21-2 材料測定方法の選び方

【質疑応答】

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ