ホーム > セミナー > 自動車の自動運転におけるセンサフュージョンアルゴリズムの適応

自動車の自動運転におけるセンサフュージョンアルゴリズムの適応

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
センサフュージョン
セミナーNo.
150671  
開催日時
2015年06月18日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
 自動車の自動運転に興味のある方、センサフュージョンアルゴリズム、状態推定アルゴリズム(カルマンフィルタ、パーティクルフィルタ、バイナリベイズフィルタ、データアソシエーションなど)に興味のある方≪初心者から中級者まで≫
 
趣旨
 現在様々なセンサが自動車に搭載され、ドライバの運転支援を補助するシステムが多数開発されています。また、米欧を中心として自動車自らが判断し、無人でも走行可能な自動車も開発されつつあります。このような自動車には、不確実性のあるセンサ情報を如何に尤もらしく解析し、適切な判断を行うセンサ情報処理アルゴリズムが必要となります。
 本セミナーでは、カルマンフィルタを主に、状態推定アルゴリズムを解説し、自動車の自動運転への適応を考えます。
 
プログラム
1.自動車の運転支援・自動運転におけるセンサフュージョンの適応例
 1.1 研究動向と必要技術
 1.2 オンボードセンサの実例
 1.3 自動車における状態推定アルゴリズムの実例

2.カルマンフィルタと状態推定
 2.1 誤差統計量の表現方法
 2.2 最小分散推定とマルチセンサフュージョン
 2.3 カルマンフィルタによる状態推定
 2.4 拡張カルマンフィルタによる状態推定

3.その他の状態推定アルゴリズム
 3.1 パーティクルフィルタによる非線形状態推定
 3.2 バイナリベイズフィルタによる判定

4.データアソシエーションと移動物体の運動推定
 4.1 マハラノビス距離とχ二乗検定
 4.2 カルマンフィルタとデータアソシエーション
 4.3 複数物体追跡

5.自動車の自動運転への適応

【質疑応答・名刺交換】
 
キーワード
車、センサ、センシング、画像、検出、認識、研修、講座、講義、研究、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ