ホーム > セミナー > 次世代自動車の最新動向と今後の予測 【日産自動車(株)工場見学付】

2020年~2030年に向けて、エネルギー供給ステーションの建設をはじめとした大きなビジネス・チャンス!
次世代自動車を取り巻く最新動向と今後の事業機会について第一人者が的確に解説!

次世代自動車の最新動向と今後の予測 【日産自動車(株)工場見学付】

【日産自動車 横浜工場+追浜工場見学付(無料)】
生産品目:エンジン・サスペンション 生産車種:日産リーフ、ジューク、キューブ、シルフィ

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
Bコース:次世代自動車
セミナーNo.
150745  
開催日時
2015年07月09日(木)12:30~16:30
2015年07月10日(金)10:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
八洲学園大学 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 49,980円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名様同時申込の場合、2名で86,400円(税込)になります。
特典
セミナーご参加の方には日産自動車 横浜工場(無料)、追浜工場(無料)見学に招待いたします。
※同業他社の方はお断りする場合がございます。
  工場見学の内容とセミナー内容は関連の無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
備考
工場見学集合場所
10日(金) 9:30 JR横浜駅 西口 天理ビル前 ※必ず15分前にはお越しください。

講座の内容

趣旨
地球温暖化をはじめとした環境問題への対応から、地球環境に優しく、エネルギー効率が優れた次世代自動車として、燃料電池車、電気自動車、天然ガス自動車、低燃費ガソリン車の開発・普及が、世界の自動車メーカーによって進められている。燃料電池車は、水素と酸素を反応させて電気を作る燃料電池による自動車として、水以外の汚染物質を一切出さず、究極のエコ・カーとされる。2002年における世界最初の実用車の段階では1台1億円以上の生産コストがかかり、価格の高さが本格的な普及のネックとなっていた。しかし、2014年12月15日にトヨタ自動車が、世界最初の量産型燃料電池車MIRAI(ミライ)を723万6,000円、政府の補助金を考慮すると521万円で販売を開始し、受注台数は発売1ヵ月で1,500台を超え、2015年4月時点において納車まで3年待ちの活況を呈している。2025年には世界で180万台、日本で20万台の燃料電池車が販売され、世界の水素ステーションは3,100ヵ所に達すると見込まれる。水素ステーションは、1基6億円、2015年度までに日本国内に100基の建設が計画されている。電気自動車も、リチウム・イオン電池の技術進歩により、拡大が続いているものの、ガソリン自動車と比較して、「短い航続距離」、「少ない充電ステーション」、「高価な蓄電池」が課題となっている。しかし、国内の電気自動車用充電器を2,000基から10万基に増やす目標が掲げられ、補助金制度の整備も進んでいる。世界の電気自動車向け充電器市場は2020年には2,600億円を超えると予測されている。また、シェール・ガス革命によって天然ガス価格が下落し、米国においては、圧縮天然ガス自動車(CNG)、LNG(液化天然ガス)自動車の開発・普及が進んでいる。天然ガス自動車は、従来のガソリン・エンジン、ディーゼル・エンジンの簡単な改良によって生産することが可能であり、軽油と比較して、運行コストを30%~50%程度削減でき、硫黄酸化物、窒素酸化物の排出を大幅に削減できる。天然ガス自動車は、世界で1,500万台に達しているが、2035年には7,500万台に増加すると予測されている。それに伴って、天然ガス、LNGの供給ステーションも大幅に増加することが見込まれる。さらに、既存のガソリン車の燃費向上も急速に進んでおり、今後2020年~2030年に向けて、エネルギー供給ステーションの建設をはじめとした大きなビジネス・チャンスが期待できる。次世代自動車を取り巻く最新動向と今後の事業機会について第一人者が的確に解説する。
プログラム
1.地球環境に優しい次世代自動車の現状と今後の可能性
2.次世代自動車の普及状況とガソリン自動車との競争力の現状と今後の動き
3.欧米における次世代自動車への政策動向
4.日本における次世代自動車への普及政策の今後
5.燃料電池車のメリットとデメリット
6.燃料電池開発の最新動向と今後の可能性
7.電気自動車のメリットとデメリット-自動運転、スマート・シティーの動向
8.伸び悩む電気自動車の普及とブレーク・スルーの可能性
9.天然ガス自動車のメリットとデメリット
10.燃料電池車の普及の可能性と市場規模
11.水素ステーションの普及の可能性と市場規模-インフラ整備の動向
12.水素エネルギー開発の現状と水素エネルギーの今後の可能性
13.電気自動車と充電ステーションの普及の可能性と今後の市場規模
14.蓄電池開発の最新動向と市場規模
15.天然ガス自動車と天然ガス・ステーションの普及の可能性と市場規模
16.シェール・ガス革命による天然ガス自動車の今後の可能性
17.ハイブリッド車、低燃費ガソリン車の開発の現状と可能性-バイオ燃料
18.環境対応自動車、省エネルギー自動車、次世代自動車の本命は何になるのか
19.次世代自動車の将来的な市場規模と可能性
20.次世代自動車用燃料インフラの将来的な市場規模と事業機会
スケジュール
9:30 横浜駅 集合

10:00~12:00 日産自動車 横浜工場 見学

12:00~14:00 移動、昼食

14:00~15:30 日産自動車 追浜工場 見学

16:30 横浜駅にて解散
キーワード
自動車,未来,予測,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ