ホーム > セミナー > 技術を価値につなげる「事業化イノベーター」育成セミナー

社内の各部署(営業、生産など)や社外パートナー企業とも連携し、製品化・事業化をリードできる人材を目指す!

技術を価値につなげる「事業化イノベーター」育成セミナー

~事業成果を生み出す技術者になるために必要な知識・スキルとは!?~

セミナー概要

略称
事業化イノベーター
セミナーNo.
開催日時
2017年10月24日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
講師
(株)ニューチャーネットワークス 取締役 シニアコンサルタント 福島 彰一郎 氏
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
・主に研究開発部門。その他経営企画部門、新事業開発部門、設計開発部門、技術営業部門、知財部門などの方
・大きな組織において、自社の製品や技術を軸にどのような戦略・マーケティングを描くとよいか悩んでいる技術者
・事業化のための社内合意形成・巻き込みで悩んでいる技術者
・事業も考えられる技術者を育成したい教育担当者
 
趣旨
 「事業化イノベータ」とは、大きな組織に属する技術者でありながら、製品・事業化をリードできるイノベータ人材のことである。
 1つの技術だけで製品・事業化されるわけでない。周辺技術と組み合わせ、営業や調達、生産といった社内の各組織や社外パートナー企業との連携が必須である。事業環境変化を的確にとらえ、自社のコア技術を活用した事業成果の期待できる戦略を構想し、実行のために社内・社外の関係者を粘り強く巻き込んでいくリーダーシップが技術者にも求められるようになってきている。会社としても、このような技術者を自然発生的に待っているのではなく、組織的として戦略的に育成していくことが必要になってきている。
 当セミナーでは、組織に属しながらも事業成果を生み出すイノベータになるための必要な戦略構想・実行のビジネス知識・スキルについて体系的に学んでいただくことを目的とする。
 
プログラム
1.事業とは、戦略とは
 1-1 事業とは
 1-2 事業戦略のアウトプット項目
 1-3 「技術ー製品ービジネスモデル・エコシステム」の1セット思考
 1-4 経営トップからみた戦略企画の評価視点
   ~「経営層は投資家である」という認識をもつ~
 1-5 戦略を財務視点から定量的に表現し、経営者とのコミュニケーションを図る

2.技術マーケティングとは
 2-1 マーケティングとは
 2-2 技術マーケティングとは
   ~技術を顧客価値につなげるマーケティング~
 2-3 技術者ならではのマーケティングとは
   ~顧客との対話による「ニーズ開発と価値創発」~
 2-4 生産財メーカーにおけるマーケティング・ミックス
  ・製品戦略:技術、製品からエコシステムまでを1セットで考える
  ・価格戦略:価格設定による主な要因、価格弾力性
  ・広告宣伝、販促戦略:広告宣伝と営業の連動、マルチチャネル戦略
  ・販売チャネル戦略:直接販売、間接販売、電子商取引
 2-5 研究開発部門のマーケティングとは
   ~新領域創出のための市場・技術・製品・事業ロードマップ~
 2-6 「記入例」による技術マーケティング戦略策定の流れ
 2-7 (ケース演習)高収益生産財メーカーのビジネスモデルとは

3.単なる技術者でなく「事業化イノベーター」になるための9つのポイント
 3-1 ポイント①:技術者としての「フィロソフィー(価値観)」に基づく
           高いモチベーション&魅力的なビジョンと情熱あるリーダーシップ
 3-2 ポイント②:顧客の重要課題の発見
 3-3 ポイント③:顧客の重要課題の深い理解
 3-4 ポイント④:課題解決のための技術的解決アプローチ検討
 3-5 ポイント⑤:製品開発・量産
 3-6 ポイント⑥:市場浸透 
 3-7 ポイント⑦:課題解決に取り組む中で必要な知識に自ら気づき、自ら学習
 3-8 ポイント⑧:社内ポリティクスへの対応&社内の仲間づくり
 3-9 ポイント⑨:トップのコミットメント、
           事業化イノベーターを支援する社内インフラ、イノベーターの育成
 3-10(演習)事業化イノベータになるための成長シナリオの企画
  ・自身の経験から技術者に必要な「価値観、思考・行動」を考える
  ・自社や自身を取り巻く環境変化から
           技術者に今後必要な「価値観、思考・行動」を考える
  ・自己診断と今後5年間の自身の 成長シナリオの企画
 3-11(参考資料)ブレークスループロジェクトとは
    ~連続的な成果創出と個人と組織の変革~

≪質疑応答・名刺交換≫
 
キーワード
イノベーター,研究開発,技術,新事業,事業化,戦略,マーケティング,研修,講座,セミナー

関連するセミナー

関連するタグ