ホーム > セミナー > IPランドスケープ(特許情報分析)の活用法

マーケティングや研究開発戦略に有益な特許情報分析(IPランドスケープ)について
具体例を交えてわかりやすく解説します!

IPランドスケープ(特許情報分析)の活用法

~特許マーケティングを中心として~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
IPランドスケープ
セミナーNo.
190397  
開催日時
2019年03月26日(火)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
 また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料付き

講座の内容

受講対象・レベル
企業で、知財部門、技術開発部門、事業企画部門、新規事業部門、マーケティング部門、
経営企画部門にたずさわっている方
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
ビッグデータである特許情報を用いてビジネス上の知見を得る手法を理解できる
趣旨
 本セミナーは従来の知財部の方を対象とした「特許取得のノウハウ」や「知財戦略」についてのセミナーではありません。これまで「特許情報」とほとんど関わりのなかった事業企画部門や新規事業部門、マーケティングや経営企画部門などの方々に、「特許情報」を企業の技術的な本音が反映された「情報のビッグデータ」として、それぞれの事業戦略の意思決定のために活用できることをご紹介したいと思っています。
 具体的には「特許情報分析」・「IPランドスケープ」から、新規事業のテーマや新らたな用途の探索に活用したり、自社の技術を評価してくれる提携先探索など「特許情報分析」・「IPランドスケープ」を新たな企業分析手法として活用した事例をご紹介します。
 国内外を問わずグローバル市場で戦う企業にとって「特許情報分析」・「IPランドスケープ」は、まさに「企業分析手法」のセカンダリー・オピニオンであり、今後のマーケティングや事業戦略に有益な手法です。
プログラム
1.「特許マーケティング」・「IPランドスケープ」とは?
 1.1 「特許情報」は企業の技術的な本音が反映された技術のビッグデータ
 1.2 「特許情報」分析の結果を企業の事業戦略、経営戦略、
     研究開発戦略等に活かすのが「特許マーケティング」・「IPランドスケープ」

2.「特許情報分析」から何がわかるか?
 2.1 「特許情報」のここが「企業分析」「市場分析」に使える!
 2.2 「特許情報」をビッグデータとして分析すると何に役立つか?
   例)新規ビジネスに関して技術力に優れているという評判のA社の実力は?
    →対象技術は本当に競争力があるのか?また、強みはどこか?
   例)当社の技術(製品)を評価してくれる会社はどこか?
    →どのようなアライアンス先があり得るのか?

3.「特許マーケティング」(特許情報分析)の活用事例
 3.1 事業開発部門の事例
   ー 有望な新用途・新規事業テーマ探索(ヒント)を特許情報から分析
 3.2 商品開発部門の事例
   ー 部品メーカーから納入先「課題」、更に最終ユーザーの「課題」を特許情報から分析
 3.3 事業企画・経営企画部門の事例
   ー 自社技術(製品)の有望な売り込み先の探索、M&Aや有望な投資先の探索

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
特許,企業分析,テーマ,IPランドスケープ,M&A,知財スキル,ビジネス,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ